レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

フラワークッキー

デザート

フラワークッキー
  • 投稿日2019/04/24

  • 調理時間60(生地を休ませる時間は除く)

お気に入りに追加

204

母の日のプレゼントにもピッタリなお花模様のクッキーです。 棒状に成形して組み立てるだけなので、クッキー型も不要で簡単に作ることができます。

材料8人分約32枚分

  • 無塩バター
    120g
  • 粉砂糖
    70g
  • 卵黄
    1個分
  • 薄力粉
    90g
  • A
    薄力粉
    80g
  • A
    紫芋パウダー
    10g

作り方

ポイント

焼き時間はオーブンによっても変わるので様子をみて調整してください。 お花を作る時は棒状にのばした生地を冷凍庫に入れて少し冷やしてから組み立てると扱いやすいです。 紫芋パウダーの代わりに、抹茶やココア、カボチャパウダーなどを使用するとお花の色をアレンジできるので、お好みでお試しください。

  • 無塩バターは室温にもどしておく。 薄力粉、A 薄力粉80g、紫芋パウダー10gはそれぞれふるっておく。

  • 1

    ボウルに無塩バターを入れて、泡だて器でクリーム状になるまで混ぜる。 粉砂糖を加えてふんわりとするまで更にすり混ぜる。

  • 2

    卵黄を加えて更に混ぜる。 きれいに混ざれば、生地を計量して2等分にする。

  • 3

    2の半量にふるった薄力粉を加えてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。きれいに混ざればラップに包んで平らにのばす。 残りの2にふるったA 薄力粉80g、紫芋パウダー10gを加えて同じように混ぜ合わせ、ラップに包んで平らにのばす。 冷蔵庫で1時間以寝かす。

    工程写真
  • 4

    紫芋パウダーを加えた生地を5等分にして、それぞれ約25㎝長さの棒状にのばす。 プレーンの生地を15g程度取り分けて、同じように25㎝程度の棒状にのばす。

    工程写真
  • 5

    花型に組み立てる。 4の紫芋の生地を2本並べて中央にプレーンの生地を乗せる。 残りの紫芋の生地ものせて花型にして、ラップで包んで冷凍庫で冷やす。

    工程写真
  • 6

    プレーンの生地を適量細長く伸ばして、花形の外側の溝を埋める。

    工程写真
  • 7

    残りのプレーン生地をラップにのせて、6の生地を包める程度の長方形にめん棒でのばす。 6を上にのせて、くるっと包み少し転がして形を整える。 冷凍庫で1時間以上寝かせる。

    工程写真
  • 8

    オーブンを180度に予熱する。

  • 9

    7を包丁で7~8㎜程度の厚さに切り分けて、オーブンシートを敷いた天板に並べる。 180度に温めたオーブンで12~13分焼けば出来上がり。

    工程写真
レシピID

374905

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

クッキー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

松井さゆり
Artist

松井さゆり

フードコーディネーター/料理家/ いつもの食卓に+Oneのアイデアを!料理の基本を大切に。添加物はなるべく使わない身体にやさしい食事がモットー。旬の野菜をたっぷり使用した毎日のごはんやおうちで簡単に作れるスイーツレシピをご紹介しています。 ◆レシピ開発 ◆コラム執筆 ◆フードスタイリング ◆料理教室 ♦経歴♦ 大阪出身 レコールバンタンフードコーディネーターコース卒業 *イタリアンレストランにてキッチンスタッフ・ホールスタッフとして勤務 *フードコーディネーター事務所に勤務・企業様のメニュー考案、撮影などに携わる *料理教室講師 ♦資格♦ *FCAJフードコーディネーター2級(食の商品開発) *だしソムリエ *発酵食エキスパート *jr野菜ソムリエ *JSAアイシングクッキー認定講師 *食品衛生責任者 ◆受賞歴◆ *2018年 Nadia【コラム賞】受賞 *2019年 レシピブログ「フーディストアワード2019」ホットケーキミックス部門【レシピ賞】受賞 *2020年 E・レシピ【秋のキノコレシピコンテスト】優秀賞受賞

「料理家」という働き方 Artist History