レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

炊飯器で3品☆ハーブチキン&ポテトサラダ&ご飯が同時に完成!

主菜

炊飯器で3品☆ハーブチキン&ポテトサラダ&ご飯が同時に完成!
  • 投稿日2021/06/18

  • 調理時間60(お肉の漬込時間とお米の浸水時間は除く)

炊飯器で3品作れる 【お助かり&簡単メニュー】 ハーブの香りでお肉がしっとり美味しく! じゃがいもはハーブが香る美味しいポテトサラダに大変身。 お肉に下味をして漬け込んでおくだけ! 作りたいときに炊飯器に入れて スイッチを押せば出来上がりです。 ほったらかしで3品作れるので、 忙しい日や何もやりたくない日に ぜひ作ってみてくださいね♪

材料4人分

  • お米
    2合
  • A
    400ml
  • A
    オリーブオイル
    小さじ1
  • 鶏むね肉
    1枚(350~400g)
  • B
    鶏ガラスープの素
    小さじ1
  • B
    少々
  • B
    ドライハーブ
    小さじ1~2
  • B
    白ワイン(酒でも可)
    小さじ1
  • じゃがいも
    約250g
  • C
    オリーブオイル
    小さじ1
  • C
    ヨーグルト
    小さじ1
  • C
    岩塩
    少々
  • D
    ヨーグルト
    大さじ1
  • D
    白だし
    小さじ1/2
  • D
    ドライハーブ
    少々

作り方

ポイント

お肉にはフォークで数か所穴をあけておくと、味がしみこみやすくなり美味しく仕上がります。 今回はじゃがいもを潰してポテトサラダ風に仕上げていますが、 ほっこり仕上がっているジャガイモをそのまま盛り付け、バター醤油で食べても美味しいですよ。 ご飯はほんのりハーブの香りがついている程度で薄味です。 お好みで岩塩や粉チーズなどをかけて食べてください。

  • 鶏むね肉は皮と余分な脂を取り除いてフォークで数か所穴をあけ、ビニール袋に入れてB 鶏ガラスープの素小さじ1、塩少々、ドライハーブ小さじ1~2、白ワイン(酒でも可)小さじ1を加え全体にまぶす。 一晩~1日ほど漬け込む。

    工程写真
  • 1

    お米を洗い、水に20~30ほど浸しておく。 浸したお米の水気をきって炊飯器に入れA 水400ml、オリーブオイル小さじ1を加える。

    工程写真
  • 2

    お米の上にハーブに漬けておいた鶏むね肉をのせる。

    工程写真
  • 3

    あいている場所に皮をむいたじゃがいもをのせる。 ここでじゃがいもに軽く塩(分量外)をふっておく。 (じゃがいもはカットしずに、そのままのせても大丈夫です)

    工程写真
  • 4

    ふつうに炊く。(45~50分)

    工程写真
  • 5

    鶏むね肉は取り出してスライスする。 じゃがいもはボウルに入れて軽く潰し、C オリーブオイル小さじ1、ヨーグルト小さじ1、岩塩少々を加えて混ぜ合わせ味を調える。

    工程写真
  • 6

    D ヨーグルト大さじ1、白だし小さじ1/2、ドライハーブ少々を混ぜてハーブヨーグルトソースを作る。

    工程写真
  • 7

    ご飯を盛り付け、スライスした鶏むね肉、ポテトサラダを盛り付け、お好みでハーブヨーグルトソースをかける。 ご飯は薄味なので、お好みで岩塩を少々かけてください。

    工程写真
レシピID

415200

「鶏むね肉」の基礎

「じゃがいも」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

炊き込みご飯」「ポテトサラダ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

金子美和(さとみわ)
Artist

金子美和(さとみわ)

2児の母。 「美味しく食べて健康に過ごす」をモットーに 毎日続けられる簡単で体に優しいお料理やスイーツ作りを考案しています。 きっかけは、食生活を変えたことで、自分をはじめ家族の体質が改善したこと。 自分と子供のアトピーや花粉症などのアレルギー症状が以前よりも軽くなり 風邪をひきやすかった子供や旦那さんも 今ではほとんど風邪をひかなくなりました。 高血圧な旦那さんのために、減塩でも美味しく食べれる料理を作り 私は歳を重ねるたびに感じるお肌の老化や疲労、ストレスなどを少しでも抑えたくて、 体の中から健康的になれるよう、毎日の食事に気を付けています。 ◎なるべく動物性のものを使わなくても美味しく作れるスイーツ。 ◎甘さを抑えて美味しく作れる米粉のスイーツ。 ◎塩分控えめでも「旨い!」と言ってもらえる毎日のおかず。 ◎砂糖を減らしても「これおいしい~」と子供が喜ぶメインのおかず。 ◎子供と一緒に作れる簡単おやつ。 毎日食べる食事。 続けることが一番大切です。 簡単に作れて、どこでも手に入る食材を使ったレシピを提案していこうと思っています。 私のレシピが皆様の健康に少しでも役に立てたら嬉しいです。 資格:上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・トータルフードコーディネーター・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・ダイエット検定1級・調理師免許・ホームパーティー検定3級

「料理家」という働き方 Artist History