レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

基本の和食・お赤飯。

主食

基本の和食・お赤飯。
  • 投稿日2018/09/24

  • 調理時間50(もち米を浸しておく時間は省く。)

基本の和食・お赤飯です。 少し時間はかかりますが、難しい工程はありません。 マスターすると色々なおこわも簡単に出来ます。 お祝い事やお正月にお勧めです。

材料4人分

  • もち米
    3合
  • 小豆
    1/2カップ(90g)
  • 4カップ
  • 本みりん
    大さじ2
  • 小さじ1/2
  • ごま塩
    お好みで

作り方

ポイント

小豆は北海道産の大納言を使用しています。 (小豆の量は多めです。) 小豆の下茹では固すぎず柔らか過ぎずがお勧めです。 ⑧の工程はもち米が水分を吸いますので、被らなかったら水を足して下さい。 蒸篭で蒸しましたが、蒸し器でもいいですね。

  • 1

    もち米は洗ってザルに上げて水気を切っておく。

    工程写真
  • 2

    小豆は綺麗に洗い、鍋に入れて小豆が被る位の水(分量外)を入れて茹で→

    工程写真
  • 3

    →沸騰したら茹で汁を捨てる。 (この工程を二回する。)

    工程写真
  • 4

    鍋に茹でこぼした小豆と水を入れて火にかけ、小豆が踊らない位の火加減で指でつまんで少し固さが残る位まで茹でる。

    工程写真
  • 5

    煮た小豆をザルに上げて、乾かない様に濡れ布巾を被せる。 (ゆで汁は取っておく。)

    工程写真
  • 6

    冷めたらラップに包んでおく。 (夏は冷蔵庫に入れて下さい。)

    工程写真
  • 7

    ゆで汁はお玉ですくって流すを数回繰り返す。 (色が鮮やかになります)

    工程写真
  • 8

    ボウルにもち米とゆで汁を入れて一晩寝かす。 (もち米が被らない場合は水を足す。)

    工程写真
  • 9

    蒸す1時間位前にもち米をザルにあげておく。 ゆで汁は取っておく。

    工程写真
  • 10

    鍋にたっぷりのお湯を沸かす。 蒸篭に蒸し布を敷き、もち米を入れて真ん中をくぼませておく。 (蒸気の通りを良くする為)

    工程写真
  • 11

    蒸し布をもち米の上に被せて、強火で20分蒸す。

    工程写真
  • 12

    取っておいたゆで汁を120cc量って、本みりんと塩を入れて混ぜる。

    工程写真
  • 13

    蒸し上がったもち米をボウルに入れて小豆を入れ、⑫のゆで汁を回しかけてしゃもじで混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 14

    ⑬を蒸篭の蒸し布に戻して、強火で20分蒸す。 (鍋の熱湯は足して空焚きにならない様にして下さい。)

    工程写真
  • 15

    蒸し終わったら火を止めてうちわ等であおいで冷ます。 お好みでごま塩を振ってどうぞ。

    工程写真
レシピID

360958

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

おこわ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

きよみんーむぅ
Artist

きよみんーむぅ

料理作りは食べてくれる人への『愛情』と、こよなく白米を愛する自分自身の『食い気』。 手軽に、簡単に、美味しく!をモットーに皆様に作って頂けるレシピを考えてます。

プロフィールへ
「料理家」という働き方 Artist History