レシピサイトNadia
    主菜

    ほうれん草とウインナーの巣ごもりココット焼き

    • 投稿日2019/12/12

    • 更新日2019/12/12

    • 調理時間15

    ★ほうれん草の巣ごもりはほうれん草の巣の中に卵を割り入れて焼いたもの。 ★ボリュームアップでウインナーソーセージも加えてお子様も男子も喜ぶメニューです。 ★卵がとろ〜りとして、カリカリに焼いたバゲットに黄身を付けながら食べると美味しいです。

    材料2人分

    • ほうれん草
      1把(220g)
    • A
      小さじ1/2
    • A
      サラダ油
      小さじ1
    • A
      50ml
    • ウインナーソーセージ
      4本(50g)
    • バター
      20g
    • 2個
    • 粗挽き黒こしょう
      適量

    作り方

    ポイント

    ★アルミホイルの蓋をすると卵に早く火が通ります。 オーブントースターの機種により加熱時間は調節してくださいね。

    • *ほうれん草は根にを十文字に包丁を入れて、たっぷりのぬるま湯〈50度〉に浸けておく。 *ウインナーソーセージは斜め半分に切る。

      工程写真
    • 1

      フライパンにほうれん草とA 塩小さじ1/2、サラダ油小さじ1、水50mlを入れて火にかけて蓋をして中火で2〜3 分、根元の茎が柔らかくなるまで加熱する。

      工程写真
    • 2

      水にとりアクを抜いて水気を切り、4cm長さに切る。

      工程写真
    • 3

      耐熱容器にほうれん草、ウインナーをまわりに置き、バターを散らして、中心に卵を割り落とし、蓋またはアルミホイルをかぶせてオーブントースターで5〜6分焼く。

    • 4

      卵に火が通れば出来上がり!! 粗挽き黒こしょうをお好みで。

      工程写真
    レシピID

    383619

    質問

    作ってみた!

    • ٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•
      ٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•

      2021/02/13 11:00

      お返事ありがとうございます😊💞最後はオーブントースターで…っという料理が多くて困っていました😅💦 私は臨機応変さに欠けるのでレシピ通りでないと作れなくて…😅グリル&オーブン両方の作り方を教えて頂けたのでレシピの幅がひろがりそうです🥰とても丁寧で分かりやすくて感謝です☺️ありがとうございました😊💞
    • ٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•
      ٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•

      2021/02/11 10:13

      ココット10cmを購入したので早速作ってみたいのですが 我が家にはオーブントースターがありません😅 家族4人分を一度に調理したいので 魚グリルではなくオーブンで考えています。 オーブンだと温度設定等どのようにすればいいのか教えてください。 宜しくお願いします😊

    「グラタン」の基本レシピ・作り方

    こんな「ほうれん草」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    関連キーワード

    「ほうれん草」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    • Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士

    • 栄養士

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 書籍📕『旬と野菜を愉しむあーぴんの絶品おかず』宝島社 2023年9月発売 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP・Nadia動画賞 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History