レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【貝の滋味】あさりと緑豆春雨の薬膳スープ

汁物

【貝の滋味】あさりと緑豆春雨の薬膳スープ
  • 投稿日2022/05/18

  • 調理時間45(あさりの砂抜きの工程は除く)

湿気が多く、暑い季節の養生ごはんにぴったり。体に染みる、あさりの滋味をどうぞ! あさりの殻からでる出汁をいかしたシンプルな味付け。緑豆春雨を加えることで食べ応えもあります。 【薬膳メモ】 あさりは体にこもった過剰な熱を鎮め、むくみを取る食材です。特に、あさりの殻にこれらの働きがあるので、殻から出汁を取るために、しっかりと40分煮ます。また、緑豆春雨の原料、緑豆(別名:ムング豆)には、水の流れを促し利尿効果を高める。過剰な熱を尿から排出するなどの働きがあります。まさに、湿気の多い梅雨時期、夏の養生に最適です。

材料2人分

  • あさり
    200g
  • 緑豆春雨
    20g
  • 800ml
  • しょうが
    1片
  • 小さじ1/2
  • 大さじ1
  • ごま油
    小さじ1
  • 青ねぎ
    適量

作り方

ポイント

★時短バージョン 40分煮込む時間が取れない場合は、水の分量を500mlに減らして10分煮ます。時短で調理する場合は、あさりからの出汁が十分に出ていないので、その代用として、だし昆布をひとかけら加えてみてください。

  • ①あさりの砂抜きをしたら殻をこすり合わせてよく洗い、ザルにあげる。 ②しょうがは皮の汚れを取って薄切りにする。

  • 1

    鍋に水、しょうが、塩、酒を入れて中火にかける。

  • 2

    1が沸騰したら、あさり入れる。アクをすくったら弱火にして40分煮る。 ※この工程でしっかり煮込むことで、あさりの殻から出汁を取ります。ただしアクを取った後、強火でグラグラと煮立ててしまうと、完成時にスープの量が少なくなってしまうので、ごく弱火を保ちます。

    工程写真
  • 3

    緑豆春雨を加え、柔らかくなったら火を止める。ごま油を加える。

  • 4

    器に盛りつけ、青ねぎを散らす。

レシピID

437310

「しょうが」の基礎

「あさり」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

薬膳スープ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

おうち薬膳 村上華子
Artist

おうち薬膳 村上華子

国際薬膳師|薬膳料理研究家│フードコーディネーター ヨガインストラクター│小学生男子のママ 薬膳とヨガの教室 【季結び庵(ときむすびあん)】主宰 私が薬膳の勉強をはじめたのは、子どもが3歳になった頃でした。ヨガインストラクターとして日々体を動かす生活を送っていたので、自分は健康だと過信していたのですね。育児に仕事、目の前の対応に追われて、自分の食事をおろそかにしていました。そのツケとしてやってきたのが、寝ても疲れが取れない極度の貧血。体は悲鳴をあげていました。どんなにヨガや運動をしても、体に必要な栄養を取らなければ、ガス欠の車と同じで走ることはできません。そこで取り入れたのが、薬膳の知恵でした。 <薬膳のアプローチはいたってシンプル> ・足りないものを補い ・不要なものは排出し ・つまりを巡らせる その時の体調にあわせて食材を選び、体を整えます。とはいえ「特別な食材が必要」「難しそう」というイメージはありませんか? 実は、スーパーなどで手に入る身近な食材で、無理なく作れるのです。 薬膳の理論では「すべての食材に効能がある」と考えます。その効能を最大限いかすためには、食材の組み合わせと、ちょっとした調理のコツを知るだけ。みなさんにお伝えする料理のレシピには、これらの知っておくと便利な【薬膳メモ】も紹介していきますね。 おいしく、かしこく食べて元気になれる薬膳ごはんを、まずは自分のために。そして、家族や大切な人のために作ってもらえたらうれしいです。

「料理家」という働き方 Artist History