レシピサイトNadia
    デザート

    水切り不要ヨーグルトで作るベイクドスフレチーズケーキ

    • 投稿日2024/03/21

    • 更新日2024/03/21

    • 調理時間30

    • カロリー(1人分)101Kcal

    • 総費用目安200

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存2週間

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    ヨーグルトで作るベイクドチーズケーキです。 本来チーズケーキはクリームチーズを使用しますがクリームチーズは大変高脂質な食材。 わたしはヨーグルトで代用しています。 ヨーグルトは水切りして使うことも多いのですが、このレシピは水切りは不要です。 すこしさっぱりしていますがふんわり優しいおいしさのスフレチーズケーキができます。 卵1個でスフレカップで作ると焼き時間も短く初心者さんにお勧めです。 レシピはこちらです。 https://oceans-nadia.com/user/746609/recipe/479315

    材料8人分15cm丸型1台分

    • A
      卵白
      3個分
    • A
      砂糖
      30g
    • B
      卵黄
      3個分
    • B
      砂糖
      30g
    • プレーンヨーグルト
      200g
    • 米粉(薄力粉はふるったもの)
      40g
    • 1つまみ
    • コンデンスミルク
      20g
    • バニラオイル
      適量

    作り方

    ポイント

    ポイント 〇ヨーグルトは水っぽくないものブルガリアやビヒダスがお勧めです。 〇メレンゲを加えるときに混ぜすぎるとふくらみが悪くなります。均一になったら混ぜすぎないようにします。 卵1個でスフレカップで作ると焼き時間も短く初心者さんにお勧めです。 レシピはこちらです。 https://oceans-nadia.com/user/746609/recipe/479315

    • 湯煎のお湯を沸かしておく。 オーブンの予熱を240度で上げる。 ケーキ型に高さ8cm程度でクッキングシートを敷く。

      工程写真
    • 1

      A 卵白3個分、砂糖30gをボウルに入れハンドミキサーの高速でしっかりしたメレンゲをつくる。

      工程写真
    • 2

      別のボウルにB 卵黄3個分、砂糖30gを入れ、ハンドミキサーの低速でよく混ぜる。

    • 3

      卵黄のボウルにプレーンヨーグルト・コンデンスミルク・米粉(薄力粉はふるったもの)と塩とバニラオイルも加えハンドミキサーで混ぜる。

      工程写真
    • 4

      ゴムヘラで③にメレンゲの1/2量を加え混ぜ、残りのメレンゲに③をすべて入れメレンゲが均一になるまで混ぜる。

      工程写真
    • 5

      ケーキ型に生地を流し、湯煎にしたオーブンで240℃で8分140度で35分程度焼く。

      工程写真
    • 6

      竹串をさして確認する。

      工程写真
    レシピID

    479649

    質問

    作ってみた!

    • misia
      misia

      2024/06/29 20:18

      ヨーグルトが余っていたので作りました。 小麦粉をコーンスターチに変更。コーンスターチも余ってましたので。 まだ食べていませんが、いい感じに焼けました。

    こんな「ベイクドチーズケーキ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「オーブン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ノンオイル料理研究家茨木くみ子
    • Artist

    ノンオイル料理研究家茨木くみ子

    • 調理師
    • 看護師
    • 保健師

    こんにちはノンオイルノンバターで作る保健師の料理研究家です。 身体に優しい、ふとらないレシピをお届けしています。 ノンオイル料理のレシピづくりを始めて30年 最新著書「ふとらないクリームのお菓子」MDNコーポレーション料理の本棚     「ふとらない米粉のお菓子」文化出版局 文化出版局からの「ふとらないシリーズ」は25万部を突破しています。 私はとてもふとりやすく、何度もダイエットに失敗してはリバウンドを繰り返していました。 そんな私がふとらない体になれたのは、 ノンオイルノンバターのこの食事のおかげでした。 油脂は身体に必要ですが、ともすると摂りすぎやすいものです。 身体に必要な脂質は食材からが過不足なく安心です。 私のレシピは、パン、ケーキ、洋食中華でも、 食べると、ご飯、和菓子、和食になるようにレシピで工夫してあります。 よく食べるもの。 たくさん食べるもの。 普段の食事は ノンオイルがおすすめです。 ノンオイルクッキングは身体に優しいだけでなく ほかにもたくさんいいことがあります。 バターや生クリーム、良質のオイルなど高価な食材を使用しないため 経済的。洗い物も洗剤なしでささっと洗えます。 また作り方も簡単です。 身体に優しいノンオイルクッキング、ぜひ始めてみてください。

    「料理家」という働き方 Artist History