お料理上手な魚の煮付け㊙知って得する調味料の使い方

20

2017.10.03

分類主食

調理時間: 20分

ID 186898

田村 りか

食を次の世代に紡いでいく

いつも何だか美味しく出来なかった魚の煮付け。実はお酒が違うんです。家庭でよく使われる料理酒は100ccで約2.1gの塩が入っています。これはお酒として販売出来なくする為の塩分です。塩を入れる事により飲めなくする→飲めないので酒税がかからないと言う訳なんです。お料理屋さんで使う酒は酒税のかかったお酒を使うので美味しいんですね。これからは清酒で冷凍魚でも美味しく出来ますよ。

    材料2人分
    かれい 2尾
    A
    濃口醤油 大さじ2
    A
    本みりん 大さじ1
    A
    砂糖 大さじ1
    A
    清酒 50cc
    A
    100cc
    作り方
    Point!
    基本の下ごしらえと、調味料の酒は料理酒を使わず、清酒を使用事で、誰でも美味しい煮付けが出来ます。魚の煮付けは他の調味料に対して配合が多いため、料理酒に含まれる塩分が味の邪魔をしていたんですね。紙パック入りの安価なお酒でも充分美味しいです。家庭に清酒がない場合は、ワンカップ酒など利用すると良いでしょう。今回の落としぶたは『リード』使用しました。灰汁も取れるので良いですよ。
    1. かれいは包丁でうろことヌメリを綺麗にこそげとります。安価な冷凍魚なら切り身でも、うろこ取れていない場合が多いです。丁寧に下ごしらえしましょう。飾り包丁入れます。皮に斜めに切れ目を入れると味が染み込みやすくなります。
    2. お鍋に調味料A

      濃口醤油 大さじ2、本みりん 大さじ1、砂糖 大さじ1、清酒 50cc、水 100cc

      を入れて沸騰させます。静かにかれいを入れます。落としぶたをして、再び沸騰したら、中火〜弱火にして10〜5分煮ます。
    3. お好みでインゲンやししとうがらし等の青みを入れて煮ても良いです。5分くらい経ってから入れると色味が綺麗に仕上がります。
    4. 煮汁が余ったら、インゲンなど煮ても美味。美味しい煮付けで子供の魚嫌いも克服しちゃいましょう。
    23 121
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「魚 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。