イワシの焦がしバター醤油焼き☆さんまでも♬

40

2017.10.09

分類主食

調理時間: 40分(焼く時間は除く)

ID 194094

田村 りか

食を次の世代に紡いでいく

春に北上し、秋に南下する鰯は脂がのっていて美味。真鰯は10月には大羽鰯と呼ばれる出世魚です。旬の一番美味しい時期に、召し上がれ。オーブンで加熱した、ガーリックオニオンのタレがたまらなく美味しいですよ。某有名オサレなお惣菜屋さんにこんなのがありました。1個なんと500円程。でも自分で作ればなんとヤっす!スーパーでイワシが5尾で295円でした、嬉し♡こりゃ作らなきゃ♡節分の時期にテーブルをオシャレに!

    材料

    2人分(じゃが芋は皮付きで320g、皮むきで280gありました。)
    いわし 2尾
    塩こしょう 適宜
    じゃが芋 2個
    A
    バター(じゃが芋用) 5g
    A
    コンソメブイヨン 小さじ1/3
    薄力粉 適宜
    B
    バター(ソース用) 10g
    B
    醤油 大さじ1/2
    B
    白ワイン 大さじ1
    B
    オリーブオイル 大さじ1/2
    B
    すりおろし玉ねぎ 20g
    B
    すりおろしニンニク 少々

    作り方

    ポイント

    アレンジが利くレシピです。さんまで作ってもいいと思います。その場合は、縦に半分に切って作ると良いでしょう。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. じゃが芋は皮をむいて、かぶるくらいの水を入れます。分量外の塩を少し入れて柔らかくなるまで茹でます。茹だったら、湯を捨てて、気持ち程度の小ふきにします。(余分な水分を蒸発させる程度)
    2. まだ熱いうちにA

      バター(じゃが芋用) 5g、コンソメブイヨン 小さじ1/3

      を入れてじゃが芋を潰します。味をみてコンソメ加減してね。じゃが芋は、だ円形に形を整えます。
    3. いわしは頭をとり。手開きにして、骨と身に分けます。小骨は丁寧に取り除きます。さっと流水で洗って血合いなど取り除く。綺麗になったらキッチンペーパーなどで水分を取り除きます。両面に軽く塩こしょうします。
    4. イワシの背びれはキッチンばさみを使うと切りやすいです。
    5. じゃが芋に薄力粉を茶こしなどで少量ふります。その上に鰯をのせます。
    6. イワシはホイルにのせて焼くと天板が汚れません。たれの材料B

      バター(ソース用) 10g、醤油 大さじ1/2、白ワイン 大さじ1、オリーブオイル 大さじ1/2、すりおろし玉ねぎ 20g、すりおろしニンニク 少々

      は耐熱皿に入れます。イワシと一緒に、190度に予熱したオーブンで20分焼きます。
    7. 出来上がったら、お皿に盛りつけ、タレをかけます。ブラックペッパーや、パセリなどトッピングすると良いでしょう。たれ多めが良い方は、倍量のタレで作ってね。お箸で『すう〜っと』柔らかくて美味でした。
    24 53

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「いわし 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは