金時豆のあっさり煮*活力鍋使用

30

2020.01.11

分類副菜

調理時間: 30分

ID 320470

田村 りか

食を次の世代に紡いでいく

豆は不溶性食物繊維が多く、食べる時に噛む回数が増えるので、おなかが一杯になりやすく、食べ過ぎ、肥満の防止に役立ちます。

<このレシピの生い立ち>
あっさり甘さ控えめの金時豆、極力お砂糖減らしました。でもあっさりしてたら、ついつい食べ過ぎちゃう。お豆大好き、綺麗の味方。いただきます。

    材料
    金時豆 100g
    砂糖(三温糖) 30~35g
    水あめ 小さじ1
    薄口醤油(どちらでも) 小さじ0.5
    作り方
    Point!
    醤油は最後の方に入れて、香りが飛んでしまわないようにします。水あめがない時は、みりんでもいいでしょう。もちろん砂糖だけでもいいです。しかし照りが出ますので入れた方が良いかも。
    1. 金時豆は洗って、3倍以上の水で一晩置く。時間がない人は保温の水筒などに豆を入れ、3倍の熱湯を注ぎ、2時間位置く。
    2. 一晩おいた豆。一まわり大きくなります。
    3. 活力鍋に豆を入れ、かぶる位の水の中で沸騰させて、沸騰したら、一旦そのゆで汁を捨てる。(湯でこぼす=灰汁抜き)
    4. 鍋に水を、ひたひたに入れ、蓋をして赤のおもりで沸騰させる。
    5. おもりが揺れたら火を止める。ピンが下がってから、10分以上置く。
    6. 砂糖(三温糖)、水あめを入れて5分煮る。
    7. 薄口醤油を入れ煮汁がほとんどなくなるまで煮詰める。活力鍋なら出来上がり。
    8. 普通の鍋で炊く人は、一旦湯でこぼし、とろ火で蓋をし、1時間程炊く。常に差し水をして豆がつかっている状態にする。
    9. 柔らかくなってきたら、砂糖、水あめを入れ、10分程煮る。次に薄口醤油(どちらでも)を入れ、煮つめる。
    10. はちみつ、きな粉で私のおやつです。
    6 25
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「金時豆 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。