レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【STAUB】しっとり♪骨つきもも肉ときのこの炊き込みごはん

主食

【STAUB】しっとり♪骨つきもも肉ときのこの炊き込みごはん
  • 投稿日2018/09/22

  • 調理時間40(米の水切り時間省く。)

お気に入りに追加

96

蓋を開けた瞬間のインパクトも味わってほしいSTAUBで作る炊き込みごはん。ひと焼きした鶏肉の香ばしさとしっとり仕上がるのはSTAUBならでは。材料は鶏肉ときのこだけ。調味料もシンプルなのに旨みがたまらない炊き込みごはんは、ふだんはもちろん、おもてなしにもおすすめです。

材料3人分

  • 精白米
    2合
  • 鶏骨つきもも肉
    1本
  • マッシュルーム(またはきのこ類)
    4個
  • A
    小さじ1/3
  • A
    酒A
    大さじ1
  • しょうゆA
    大さじ2/3
  • A
    しょうゆB
    大さじ2
  • A
    酒B
    大さじ2
  • A
    300cc
  • ブラックペッパー(粗挽き)
    小さじ1/2

作り方

ポイント

STAUB WA-NABEでちょうどよい分量です。ラウンド18cmでも同様にできあがります。

  • 1

    精白米は洗ってザルにあけ20分おきます。

    工程写真
  • 2

    鶏骨つきもも肉にA 塩小さじ1/3、酒A大さじ1、しょうゆB大さじ2、酒B大さじ2、水300ccを振り、10分おきます。

    工程写真
  • 3

    (2)の水分をキッチンペーパーで取ります。

    工程写真
  • 4

    (3)にしょうゆAを両面に塗ります。

    工程写真
  • 5

    テフロン加工のフライパンを中火に熱し、皮面を下にして1分焼き、裏返して2分〜2分半皮がこんがりきつね色になる様に焼きます。 ※初めに皮面を上にすることで肉が反り返りません。肉に火を通すイメージよりも表面をこんがりと香ばしく仕上げるための工程なので中まで火が通らなくても大丈夫です。

    工程写真
  • 6

    マッシュルームは水で濡らしたキッチンペーパーで汚れを取り、2〜3mm厚さに切ります。 ※ぶなしめじや、エリンギなどに置き換えても大丈夫です。

    工程写真
  • 7

    鍋に(1)と【B】を入れ軽く混ぜ、下準備したきのこと鶏肉をのせブラックペッパー(粗挽き)を振ります。

    工程写真
  • 8

    蓋をして中火にかけふつふつとしてきたら(吹きこぼれる寸前まで)ごく弱火で12分。最後に 強めの中火に30秒かけ火を止め10分蒸らし蓋を取ります。

    工程写真
  • 9

    お肉をいったん取り出し混ぜます。

    工程写真
  • 10

    ほぐしたお肉をのせ器に盛って完成です。お好みでたっぷりの小ねぎやしょうがなどの薬味を添えるのもおすすめです。

    工程写真
レシピID

360852

「マッシュルーム」の基礎

「きのこ」の基礎

「しめじ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

炊き込みご飯」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

奥山 まり
Artist

奥山 まり

身近な素材や調味料を使ってシンプルに、〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。 フードディレクターとして産地を巡り・新商品やリニューアル商品の開発・飲食店メニューの構築などに携わる中で、プロの現場の機材や調味料と家庭での調理の違いを肌に感じる日々。 「家庭だからこだわって作れるもの」「家庭だったらこう作るといいかも?」と、基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】とひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです。 乳がんサバイバー2年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始める君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

「料理家」という働き方 Artist History