吸水不要でふっくら鍋炊き☆玄米のびっくり炊き!

45

2017.10.09

分類主食

調理時間: 45分

ID 199352

西井千里(ち~sun)

ち~sunの古今東西レシピ

秋田の「びっくり炊き」をご存知ですか。
炊飯中に”びっくり水”を差すから「びっくり炊き」。
吸水も無しでふっくらモチモチに炊き上がります♪
ほぼ玄米食&炊飯器無しの私は長年この炊き方。
玄米の古さや炊き上がりの好み、鍋の材質によって調整がいるけど、私なりの炊き方をご紹介します。
少し曖昧なレシピなことをお許しください!!
2~3回も炊けば勝手がわかるから、とりあえず試してみ(^^)

    材料
    玄米 1合~
    工程内参照
    作り方
    Point!
    ◆今回は土鍋炊き。土鍋炊きの特徴として、少しパラっと仕上がります。もちろん他の鍋でもOK。材質によって炊き上がりの質感が変わります。
    ◆経験上、2合以上が炊きやすいです。
    ◆8号土鍋で3合まで炊けます。普段は寸胴鍋で4合炊いてます。参考にして下さい。
    ◆慣れない内はちょくちょく蓋を取って様子を見ても大丈夫です。
    ◆炊き立てを一食分ずつラップで包んで冷凍すれば、いつでも美味しく頂けて便利です。
    1. ◆玄米をさっと洗い、ザルに上げて水を切る。吸水は不要です。
    2. 鍋に玄米と、玄米の1.2~1.5倍の水を入れる。

      ※玄米が古いほど水を多く入れます。
      ※【例】今回はちょいと古い玄米を使用。3合の玄米に対して4.5合の水を入れました。
    3. 蓋をして強火に掛け、17~20分炊く。

      ※吹きこぼれるようなら火加減を落としても良いです。
      ※玄米や水の量、鍋の材質や火加減によって変わります。
      もし途中で「パチパチ」と音が鳴る場合は、水が無くなって焦げ始めのサイン。1/2合程度の差し水をして底から混ぜて下さい。
    4. 水加減が”ひたひた”状態になったら2回目の水(びっくり水)を注ぎます。
      玄米の1.0~1.2倍の水を注ぎ、しゃもじで軽く混ぜて下さい。
      混ぜたら蓋をし、火加減は引き続き強火。

      ※やわらかく炊き上げたいほど水を多く加える。
    5. 再沸騰したら弱火に落とし、15~20分炊く。

      ※少し吹くときは、蓋の隙間にキッチンペーパー等を差し込むと良いです。
    6. 小さく「パチパチ」と音がし、点々と空いた穴から水が噴き出さなくなったら炊き上がり。
      蓋をしたまま10分蒸らし、底から混ぜれば出来上がり♪

      ※オコゲが欲しい場合は、最後に30秒ほど火を強めて下さい。
    200 184
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ごはん 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。