レシピサイトNadia

    【魚でご馳走!】秋刀魚の焼きアクアパッツァ

    主菜

    【魚でご馳走!】秋刀魚の焼きアクアパッツァ

    お気に入り

    68

    • 投稿日2018/09/10

    • 調理時間25

    秋の味覚、脂の乗った秋刀魚を使ってイタリアン!秋刀魚は塩焼きだけではありません。洋風にアレンジしても美味しいですよ。 アクアパッツァは魚介を水と白ワインで煮込んだ定番イタリア料理です。旬野菜も加えてさらに旨味アップ!秋刀魚の表面を一度焼くことで芳ばしさもプラス。 バケットを旨味が詰まったスープにひたして食べてもオススメですよ。

    材料2人分直径約26cmスキレット使用

    • 秋刀魚
      2尾
    • A
      小さじ1
    • A
      小さじ1/4
    • ミニトマト
      5個
    • かぼちゃ
      60g
    • マッシュルーム
      3個
    • B
      オリーブオイル
      大さじ2
    • B
      にんにく(薄切り)
      1片
    • B
      とうがらし-乾(輪切り)
      ひとつまみ
    • C
      300㎖
    • C
      白ワイン
      100㎖
    • バジルの葉
      10枚程度

    作り方

    ポイント

    ※秋刀魚の下処理をすることで嫌な臭みが抜けます。 ※野菜はトマトやキノコ等、「旨味」があるものを使うと美味しいスープになりますよ。 ※アサリやムール貝等を追加するとさらに旨味がアップして美味しくなりますよ。

    • 【秋刀魚の下処理をする】 秋刀魚のウロコとワタを取り、水洗いをして半分に切る。 全体にA 酒小さじ1、塩小さじ1/4をふり、10分置いて水気を拭く。 ミニトマトは半分に切り、かぼちゃとマッシュルームは薄切りにする。 【生秋刀魚の美味しい見分け方】 ※鮮度が良い→目が澄んでいる&くちばしが黄色い ※脂が乗っている→背中がもり上がっている

      工程写真
    • 1

      【炒める】 スキレットをあたためてB オリーブオイル大さじ2、にんにく(薄切り)1片、とうがらし-乾(輪切り)ひとつまみとミニトマトを入れて弱火で焼き色が付くまで炒め、かぼちゃ、マッシュルームを加えしんなりするまで炒める。

      工程写真
    • 2

      ❶へ秋刀魚を入れ、両面に焼き色がつくまで中火で加熱し、C 水300㎖、白ワイン100㎖を加えて煮立たせたら弱火で5分煮て、塩胡椒(分量外)で味を整える。 ※水量が少な目なので煮ている途中に秋刀魚を一度ひっくり返して下さい。

      工程写真
    • 3

      【盛りつける】 ❷にバジルの葉をちらして完成! お好みでバケットと一緒にお召し上がり下さい。

      工程写真
    レシピID

    353223

    「バジル」の基礎

    「マッシュルーム」の基礎

    「きのこ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    三浦ユーク
    Artist

    三浦ユーク

    料理研究家、キッチン男子部・部長、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 得意ジャンルは、ちょっと気の利いたお酒のおつまみや居酒屋メニュー。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 「世の中にもっと料理をする人が増えれば、大切な人とのコミュニケーションが増えるし、美味しいものを一緒に楽しむ時間を共有でき、世界は今以上に幸せになるんじゃないか?」という想いから、料理人口を増やすべく啓蒙活動として、おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」を設立、主宰。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。

    「料理家」という働き方 Artist History