レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ふわふわ鶏団子とキムチのピリ辛スープ

汁物

ふわふわ鶏団子とキムチのピリ辛スープ
  • 投稿日2017/10/05

  • 調理時間30

寒い季節に嬉しい、身体が温まるピリ辛スープです。鶏団子は一度に作って冷凍保存が可能です。調理時間30分とありますが、作り置きの鶏団子があれば15分程度で作れます。豆腐入りのふわふわ鶏団子と、ピリ辛キムチで旨味たっぷりのスープが楽しめます。野菜も沢山食べられます。

材料2人分鶏団子は一度に作りやす分量を表記しています。一口大の鶏団子が12~13個作れます。食べきれない分は冷凍保存できます。

  • (鶏団子)
  • 鶏ももひき肉
    150ℊ
  • ひとつまみ
  • 1個
  • 豆腐
    75ℊ
  • A
    長ネギのみじん切り
    5センチ分程度
  • A
    生姜のすりおろし
    小さじ1
  • A
    大さじ1
  • A
    片栗粉
    大さじ2
  • (スープ)
  • にんにく
    1片
  • 輪切り唐辛子
    少々
  • ごま油
    大さじ1
  • もやし
    1/2袋
  • 長ネギ
    1/2本
  • 豆腐
    150ℊ
  • 白菜キムチ
    100ℊ
  • 白ごま
    少々
  • 青ネギの小口切り
    少々
  • 糸唐辛子
    適宜
  • B
    3カップ
  • B
    鶏がらスープの素(顆粒)
    大さじ1
  • B
    醤油
    大さじ1/2

作り方

ポイント

白菜キムチの辛さを見て、輪切り唐辛子の量を加減してください。野菜はお好みでキャベツやキノコ類を加えても◎

  • 鶏団子用の豆腐はキッチンペーパーに包んで水気を切っておく。

  • 1

    (鶏団子を作る) ボウルに鶏ももひき肉と塩を入れて、粘りが出るまで手でしっかりと混ぜ合わせる。卵を割り入れて加え、肉だねに馴染むように混ぜ合わせ、豆腐を加える。さらに良く混ぜ合わせ、A 長ネギのみじん切り5センチ分程度、生姜のすりおろし小さじ1、酒大さじ1、片栗粉大さじ2を加えてひとまとめにする。

    工程写真
  • 2

    鍋に湯を沸かし、1を2本のスプーンで丸く成型しながら落とし入れ、茹でる。浮いてきたらさらに2分ほど茹で、茹であがったものからザルに上げる。(ここで食べきれない分は冷凍保存できます。)

    工程写真
  • 3

    (スープを作る) にんにくは芯を取り除いてみじん切りにする。 長ネギは斜めに薄切りにする。 もやしはさっと洗ってしっかりと水気を切る。 白菜キムチは大きいようであれば食べやすく切る。

  • 4

    鍋にごま油をひいて中火で熱し、にんにく、輪切り唐辛子を炒める。

    工程写真
  • 5

    香りが立って来たら、長ネギを炒め、B 水3カップ、鶏がらスープの素(顆粒)大さじ1、醤油大さじ1/2を加える。煮立ったらもやしを加え、鶏団子を食べられる数だけ入れる。

    工程写真
  • 6

    白菜キムチを汁ごと加え、再び煮立ったら豆腐を食べやすい大きさに切って加える。ひと煮立ちしたら、器に盛り付けて白ごまと青ネギの小口切りを散らし、好みで糸唐辛子を添える。

    工程写真
レシピID

198020

「豆腐」の基礎

「もやし」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

楠みどり
Artist

楠みどり

野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター、幼児食インストラクター。レシピ開発やコラム執筆、フードスタイリングなどの仕事をしています。子どもに伝えていきたい、ほっと和む家庭料理や子どもと一緒に楽しめるおやつを提案しています。今後は親子料理教室や食育活動にも力を注いで行きたいと思っています。 2008年 野菜ソムリエ(中級)取得 2009年 祐成陽子クッキングアートセミナー卒業 2017年 幼児食インストラクター取得

「料理家」という働き方 Artist History