レシピサイトNadia
    調味料

    生春巻のエスニックピーナッツソース

    • 投稿日2016/04/07

    • 更新日2016/04/07

    • 調理時間5

    生春巻はピーナッツソースが定番ですが、今回も全くの定番ですがピーナッツのコクがあっさりとした生春巻きにピッタリです。

    材料4人分

    • 〜ピーナッツソース〜
       
    • A
      ピーナッバター
      大さじ4
    • A
      信州みそ
      大さじ1
    • A
      甜麺醤
      大さじ2
    • A
      ナンプラー
      大さじ1~2
    • A
      ハチミツ
      小さじ2
    • A
      おろしにんにく
      2片分
    • A
      150cc
    • ピーナッツ
      適量(トッピング用)
    • 〜生春巻き〜
       
    • 生春巻きの皮
      8枚程度
    • B
      焼き豚
      適量(食べやすく切る)
    • B
      ビーフン
      適量(茹でたもの)
    • B
      しそ
      適量
    • B
      レタス
      適量
    • B
      きゅうり
      適量(細切り)
    • B
      アボガド
      適量(食べやすく切る)
    • B
      パクチー
      適量(多め)
    • C
      海老
      適量(茹でたもの)
    • C
      にら
      適量

    作り方

    ポイント

    ・甘さはピーナッツバターにより異なるので調整して下さい。 ・調理時間はソースを作る時間です。

    • 1

      〜ピーナッツソース〜 ボウルにA ピーナッバター大さじ4、信州みそ大さじ1、甜麺醤大さじ2、ナンプラー大さじ1~2、ハチミツ小さじ2、おろしにんにく2片分、水150ccを入れてよく混ぜて器に入れ、刻んだピーナッツかける。

    • 2

      〜生春巻き〜 生春巻きの皮はぬるま湯にくぐらせ、硬いまま、まな板の上またはふきんにのせる。

    • 3

      B 焼き豚適量、ビーフン適量、しそ適量、レタス適量、きゅうり適量、アボガド適量、パクチー適量を皮の手前において、両端を折り、手前から空気を押し出すように引っ張りながら巻途中まで巻く。

    • 4

      巻き終わりのほうにC 海老適量、にら適量を置いて巻き終える。

    • 5

      生春巻きに1のソースをつけて召し上がってください。

    レシピID

    137289

    質問

    作ってみた!

    こんな「ソース」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「パクチー」の基礎

    「えび」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    Rune吉村ルネ
    • Artist

    Rune吉村ルネ

    エイジングケア料理家

    • フードコーディネーター

    エイジングケア料理家  多忙な毎日を過ごしながら夫と自分の健康を考える健康ヲタレシピ。 企業と食の仕事を両立させ、多忙な毎日を送る。 病気にさせない、ならないレシピを考えて30年。 家族構成は成人した子供二人が独立し夫と二人暮らし。 2016年FOODISE(旧タベラッテ)からこちらに移籍。この年のレシピを確認してますが理解不明な箇所が見つかりましたらご一報下さると嬉しいです。 減体脂肪、健康、簡単料理をモットー ✨減体脂肪で体調改善 ✨病気知らずの簡単レシピ ✨レモンやフルーツで健康に 簡単だから心穏やかに作れてダイエットに繋がる! 📸レシピ開発と料理撮影 ❇️雑誌ネット媒体掲載多数  ・海外生活30年🇺🇸🇪🇸 ・現在🇯🇵 ■プロフィール詳細 https://bio.site/U6vN7o ------------------- 自己紹介 ------------------- NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々のグランプリ100以上を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 ユーザーに支持されている企業の時短ローカーボ100レシピを共同で開発し、撮影にも携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れる健康レシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。

    「料理家」という働き方 Artist History