レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

お肉が柔らか♪『ささ身とアスパラのレモンバター醤油ソテー』

主菜

お肉が柔らか♪『ささ身とアスパラのレモンバター醤油ソテー』
  • 投稿日2018/04/02

  • 調理時間15(下味をつける時間を除く)

お安い”鶏ささ身”と今が旬の”アスパラ”を使った さっぱり系メイン。 作り方は、とっても簡単で 鶏ささ身をフライパンでサッと焼いたら アスパラも加えて一緒に蒸し焼きに。 最後に、レモン入りの バター醤油を絡めたら出来上がり♪ たったこれだけだけど 鶏ささ身がふっくら柔らか〜。 爽やかなバター醤油味ともベストマッチで まさに春らしい一品です( ´艸`)

材料2人分

  • 鶏ささ身
    5〜6本(300g)
  • アスパラガス
    5〜6本(100g)
  • A
    液体塩こうじ
    大さじ1
  • A
    こしょう
    少々
  • B
    バター
    10g
  • B
    しょうゆ、みりん、レモン汁
    各大さじ1
  • 片栗粉
    大さじ3
  • なたね油(またはサラダ油)
    大さじ1

作り方

ポイント

★液体塩こうじは、ハナマルキさんのものを使用しました。もしお持ちでない方は、普通の塩麹でも代用可能ですし、酒大さじ1・砂糖小さじ1・塩小さじ1/2でも代用可能です。 ★タレはに詰まりやすいので、一旦火を止めるか弱火にしてから加えると◎。 ★フライパンは26cmのものを使用しました。 ★日持ちは、冷蔵庫で2〜3日です♪

  • 1

    鶏ささ身は、縦に1本切り込みを入れて開き、長さを半分に切る。アスパラガスは、根元の固い部分をピーラーでむき、斜め5等分ぐらいに切る。

    工程写真
  • 2

    ポリ袋に、鶏ささ身・A 液体塩こうじ大さじ1、こしょう少々を入れ、優しく揉み込む。そのまま10〜15分ほどおく。

    工程写真
  • 3

    2に片栗粉をまぶす。

    工程写真
  • 4

    フライパンになたね油(またはサラダ油)を広げ3を並べる。中火にかけ4分ほど焼いたら裏返し、アスパラガスを加えて蓋をし、弱火で3分ほど蒸し焼きにする。

    工程写真
  • 5

    蓋をとり、サッと炒め合わせ、アスパラガスに火が通ったら、ペーパータオルで余分な油を拭き取る。合わせたB バター10g、しょうゆ、みりん、レモン汁各大さじ1を回し入れ、全体に絡めたら、粗挽き黒胡椒少々(分量外)をふって出来上がり。

    工程写真
  • 6

    器に盛って、お召し上がりください♪

    工程写真
  • 7

    【ポイント】 ★鶏むね肉や鶏もも肉でも代用可能です。 ★鶏ささ身の筋は、気になるかたは取り除いてください。 ★アスパラガスは、細めのものを使用しました。太めのものを使用する場合は、火が通りにくいので、レンジ加熱か茹でてから加えてください。 ★薄味がお好みの方は、しょうゆ・みりん・レモン汁を小さじ1ずつ減らしてお試しください♪ ★酸味が苦手な方は、レモン汁を減らしてお試しください。

レシピID

265561

「ささみ」の基礎

「アスパラガス」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

鶏肉料理」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

Yuu
Artist

Yuu

福岡県在住。 * 料理が楽しくなる”きっかけづくり” * 【やる気がなくても作りたくなる!】 【不器用でも忙しくて、やっぱり褒められたい!】 【幸せな家族時間を作りたい!】 そんな思いを叶えるレシピを目指しています。 得意分野は【季節の野菜・ヘルシー食材・節約食材を使った料理】。 ⚫︎やりたいことが多すぎて、料理に時間をかけていられない! ⚫︎育児に追われていて、ゆっくりキッチンに立つ時間がない! ⚫︎仕事と家庭の両立で、毎日時間に追われている! そんな方達の”時間と心にゆとりを作るお手伝い”ができたら嬉しいです♪ 好物は、あたりめ。 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる☆つくりおき(主婦と生活社) ・Yuuのラクうま♡ベストレシピ(扶桑社) ・Yuuのラクうま♡晩ごはん(扶桑社)←最新刊です 《お知らせ》 いつも、お気に入り登録やコメント、本当にありがとうございます! 励みになっております^^♪ 只今、業務多忙につき、数ヶ月の間コメントの返信をお休みさせて頂いておりますm(_ _)m しかし、質問などにはお答えしますし 頂いたコメントは全て目を通させていただきますので お気軽にコメントくださいね! これからも、どうぞよろしくお願い致します♡

「料理家」という働き方 Artist History