レシピサイトNadia
    副菜

    【基本のフライドポテト】ほっくほく♡際立つじゃがいもの旨さ!

    • 投稿日2024/03/29

    • 更新日2024/03/30

    • 調理時間20(じゃがいもを水にさらす時間除く)

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安100

    • 冷蔵保存-

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    【素材の味がいきる極上のフライドポテト】 カリッとほくっとして、じゃがいもの旨さが これでもか!ってくらい味わえます。 味付けはシンプルに塩だけがおすすめですが、 時々ソースにつけてもいいですね。 お好みの食べ方で「じゃがいも」を味わってください。 ▼ハニーマスタードソース&オーロラカレーソースのレシピ https://oceans-nadia.com/user/230316/recipe/480407 ▼BBQソース&マスタードソースのレシピ https://oceans-nadia.com/user/230316/recipe/480368 #バル風 #簡単 #定番 #居酒屋

    材料2人分

    • じゃがいも(男爵)
      小4個(300g)
    • 薄力粉
      大さじ1と1/2
    • 揚げ油
      1カップ~
    • 適量

    作り方

    ポイント

    ■じゃがいものおすすめの品種 ほくほく感が強い「男爵」、「キタアカリ」がおすすめです。黄色い色が特徴で甘みが強い「インカのめざめ」も独特ですがおいしいです。メークインはねっとり感があり、ほくっとした食感とは違うためどちらかといえば不向きです。 ■揚げ時間について じゃがいもの大きさや油の温度によって変わります。竹串を刺して確認したり、菜箸で触れた時の感触や色合いをみて上げるタイミングを見計らってください。 ■ほくほく感のポイント 水に浸し、余分なでんぷん質をとることでほくほくになります。 ■カリッと感のポイント 薄力粉を薄く満遍なくまぶすこと。仕上げに揚げ温度を上げることです。

    • 1

      じゃがいも(男爵)は皮をむいて芽があれば取り除く。縦長の向きで厚さ3等分に切り、これを更に2~3等分に切る。 (※1.5~2cm角になるようにします。)

      工程写真
    • 2

      1をたっぷりの水に1時間さらす。

      工程写真
    • 3

      2は水をきり、清潔な布巾(又はキッチンペーパー)で包んで水けを拭き取る。

      工程写真
    • 4

      ポリ袋に3と薄力粉を入れて空気を含んで口を閉じ、ふって全体に粉をまぶす。

      工程写真
    • 5

      フライパンに4を重ならないように置く。揚げ油をひたひたになる量を注ぎ、中火で点火する。

      工程写真
    • 6

      ぷくぷくと泡が立ち始めたら、この加減を保って火を調整し(弱火~中火)、8~9分揚げる。油に浸っていない部分があれば適宜裏返す。 (※油の温度は110~120℃が目安)

      工程写真
    • 7

      火加減を上げ(~強めの中火)、油が早く大きくぶくぶくと沸き、音はパチパチと高く大きく聞こえる加減になってから1~2分揚げる。 (※油の温度は180℃が目安)

      工程写真
    • 8

      菜箸で触れた感触がカサカサ(カリッと)し、色はこんがりときつね色になったものから手早く網に上げていく。

      工程写真
    • 9

      塩をふりかけ、熱々のうちにいただく。

      工程写真
    レシピID

    480247

    質問

    作ってみた!

    こんな「フライドポテト」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「じゃがいも」の基礎

    「基本・定番」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    おねこ
    • Artist

    おねこ

    呑兵衛料理家

    呑兵衛料理家。豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社) ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」

    「料理家」という働き方 Artist History