ガスパチョ(アンダルシアの冷たいスープ)

15

2015.06.10

分類汁物

調理時間: 15分

ID 128422

加瀬 まなみ

いちばんやさしいスペイン料理

スペイン南部発祥の郷土料理。夏に不足しがちなビタミン・ミネラルを効率よく取り入れられることから「飲むサラダ」と呼ばれ、アンダルシアの人々の力水的な存在です。

パンはパン粉で代用してもOK。省略するとグルテンフリーのサラサラタイプになります。
そのままはもちろん、料理使いにもピッタリ。冷製パスタ、そうめんや冷やし中華、冷やご飯にかけて食べるのもオススメです。

    材料(3~4人分(約500cc))
    トマト 2個(約350g)
    パプリカ(赤) 1/2個(約150g)
    キュウリ 1/2本(約50g)
    ニンニク 小1片(約4g)
    パン 20g
    A
    オリーブオイル 大さじ3
    A
    ビネガー 小さじ2
    A
    パプリカパウダー 小さじ1
    B
    クミン 小さじ1/5
    B
    小さじ1/2
    作り方
    Point!
    ビネガーの個性により仕上がりが結構変わります。爽やかにしたい時はレモン果汁、キリリとさせたいならワインビネガー、本場の味に近づけたいならシェリービネガー(カルディや成城石井などで手に入ります)でお試しください。
    1. キュウリ・パプリカ(赤)、トマトはザク切り、ニンニクはみじん切りに。
      パンは手で2cm角程度にちぎります。
      ミキサーへ入れ、A

      オリーブオイル 大さじ3、ビネガー 小さじ2、パプリカパウダー 小さじ1

      を加えます。
    2. なめらかになるまで攪拌します。
      ちょっとくすんだ仕上がり。
    3. B

      クミン 小さじ1/5、塩 小さじ1/2

      を加えます。
      パプリカパウダーで美しい色合い、そして独特の風味をプラス。
      クミンはキュウリの青臭さをマスキングしてくれます。
    4. 鮮やかな色合いになりました。冷蔵庫でキンと冷やして完成♪
      ストックしたい時はペットボトルに入れ冷蔵庫へ。3日くらいまで美味しくいただけます。
    5. 冷水で冷やしたパスタ、そうめん、中華麺と一緒にいただく時は、相性抜群の生ハムを添えるのがオススメ。
      残りご飯は冷水で軽く洗って粘りを流し、水けをしっかりきってからガスパチョに混ぜるとサラサラの食感に仕上がります。
    6. もう1つのガスパチョ「サルモレホ」も是非ご覧ください♪
      oceans-nadia.com/user/23165/recipe/141474
      スペイン南部でガスパチョに並ぶ人気の冷たいスープ。
      ガスパチョよりシンプルな材料。トマトの旨みをじっくり味わいます。
    23 147
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「冷たいスープ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。