レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

フライパンで骨付ローストきチキン

主菜

フライパンで骨付ローストきチキン
  • 投稿日2018/11/23

  • 調理時間15

これ1品でなんだか幸せな空気に変えてくれる、不思議な力を持つお料理。憧れのローストチキンをフライパンで作っちゃおう!

材料10人分1本分

  • 鶏肉(もも骨付き)
    1本
  • A
    小さじ1/2
  • A
    粗挽き黒コショウ
    少々
  • ニンニク
    1片
  • アンチョビ
    2枚
  • ローズマリー
    1枝
  • オリーブオイル
    大さじ1
  • 白ワイン
    大さじ1

作り方

ポイント

鶏肉に塩をふってからの待ち時間で、仕上がりの質感が変わります。今回のように短時間にすると柔らかジューシーに、一晩置くとしっとり鶏ハムのような味わいに。 オーブンで焼く場合は上段にセット(皮が上向きの状態)し、200~230℃で30分を目安にしてください。

  • ニンニク・アンチョビは粗みじんに。 ローズマリーは太い茎をはずし、葉を粗みじんに刻みます。

    工程写真
  • 1

    鶏肉は数時間前に冷蔵庫から出し、常温にしておきます。 骨に沿って皮を切り開き、骨まわりの肉にも切り込みを入れ、骨がむき出しになっている状態に。 A 塩小さじ1/2、粗挽き黒コショウ少々をふります。

    工程写真
  • 2

    ニンニク・アンチョビ・ローズマリーを散らして軽く抑え、オリーブオイルをひいたフライパンへ。

    工程写真
  • 3

    中火で加熱し、スプーンでオイルをすくって骨にかける、これを繰り返しながら10分ほど焼きます。 骨を温めることで、一番火が入りにくい骨周りの肉に効率よく熱がまわります。 また、油をかけながら焼くことで、鶏肉表面の水分の蒸発を防ぎ、ジューシーに焼きあがります。

    工程写真
  • 4

    一度裏返し、白ワインを加えます。 身側を焼くのは1~2分程度。軽く押して、血が出てこないようならOK 器に盛り、残ったオイルをかけて出来上がり。

    工程写真
レシピID

368676

「にんにく」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ローストチキン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

加瀬 まなみ
Artist

加瀬 まなみ

埼玉県熊谷市出身。両親在住時スペインにて家庭料理を学び、スペイン料理を中心に料理研究家として活動。メディア・イベント出演、出張シェフ、撮影監修、料理教室、レシピ開発のほか、All Aboutスペイングルメガイド、ippinキュレーターなど執筆活動も行う。 全国タパス選手権 2018年 3位入賞。 著書:フライパンひとつでできる絶品パエリア(TATSUMI MOOK)、5分でできた!シリーズ 全7冊(角川SSC)、2stepレシピお米でつくるたのしいごはん(東京地図出版)、月刊いちばんやさしいスペイン料理(miilマガジン)ほか

「料理家」という働き方 Artist History