レシピサイトNadia
    主菜

    季節を楽しむ旬ごはん✿さつまいもと鶏むね肉のガリバタ炒め

    • 投稿日2020/09/22

    • 更新日2020/09/22

    • 調理時間45(鶏むね肉の漬け込み時間を含む)

    【二十四節気ごはん】9月23日頃~10月8日頃は「秋分」(しゅうぶん)です。 夏の疲れがようやく回復して、食欲が増す頃。 実りの季節を迎え、ごはんがますます美味しくなりますね✿ パサつきがちな鶏むね肉に下味をつけて柔らかくするところがポイント♪ さつまいもと鶏むね肉をこってり濃厚なガーリックバター味に仕上げました。 甘じょっぱい味がやみつきになります。

    材料4人分

    • さつまいも
      200g
    • 鶏むね肉
      1枚(250g)(皮を除いて)
    • 有塩バター
      10g
    • 片栗粉
      小さじ2
    • A
      にんにく(すりおろし)
      小さじ1/2(3g)
    • A
      醤油
      小さじ1/2
    • A
      マヨネーズ
      大さじ1
    • A
      塩・こしょう
      少々
    • B
      酒・醤油・みりん
      各大さじ1
    • 刻みのり
      少々(あれば)
    • サラダ油
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ・鶏むね肉に調味料をもみ込むと下味がつき、柔らかくなります。 ・さつまいもに片栗粉をまぶすことで炒めたときに形が崩れず、調味料との絡みが良くなります。

    • 1

      鶏むね肉はフォークで刺して両面にまんべんなく穴を開ける。 ※両面合わせて50回くらいが目安です。

      工程写真
    • 2

      縦半分に切り分け、繊維を断ち切るように1cm幅のそぎ切りにする。

      工程写真
    • 3

      ボウルに鶏むね肉とA にんにく(すりおろし)小さじ1/2(3g)、醤油小さじ1/2、マヨネーズ大さじ1、塩・こしょう少々を混ぜ合わせて、よくもみ込み、30分程おく。

      工程写真
    • 4

      さつまいもは5mm幅の一口大に切る。

      工程写真
    • 5

      ボウルにさつまいもと片栗粉を加えて手で軽く混ぜ合わせる。 ※均等に粉がつかなくても大丈夫です。 片栗粉をまぶすことで調味料との絡みが良くなります。

      工程写真
    • 6

      フライパンにサラダ油をひき、さつまいもを並べる。 蓋をしてから中火にかけ、3分程加熱する。油が均等に回るように時々フライパンを大きくゆする。 ※ひっくり返さず、片面に焼き色をつけます。竹串で刺してすっと通ればOKです。

      工程写真
    • 7

      ペーパータオルを敷いた別皿に移して油を切る。 フライパンに残った油をペーパータオルで綺麗に拭き取る。

      工程写真
    • 8

      フライパンに有塩バターを入れて中火にかける。 バターが溶けたら鶏むね肉を入れる。

      工程写真
    • 9

      1分程経って鶏むね肉の周りが白っぽくなったらひっくり返す。 ペーパータオルで余分な油を拭き取り、さつまいもを加える。

      工程写真
    • 10

      全体がなじんだらB 酒・醤油・みりん各大さじ1を加えて汁気がなくなるまで加熱する。 ※さつまいもに片栗粉がついているのですぐにとろみがつきます。焦げないように注意してください。

      工程写真
    • 11

      器に盛り、刻みのりを飾って完成。

    レシピID

    398847

    質問

    作ってみた!

    こんな「炒めもの」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「にんにく」の基礎

    「鶏むね肉」の基礎

    「醤油」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    いいつか✿かな
    • Artist

    いいつか✿かな

    結婚3年目。夫と娘(1歳)の3人暮らし。 こってり濃い味好き・お酒好きな夫のツボを押さえたレシピです。 ✿大切にしていること✿ 美味しいものを一緒に食べて笑顔いっぱいの最高の家族時間を♡ ✿レシピの特徴✿ 〇お肉・お魚を使った、こってり濃い味好き・お酒好きな方向けの食べ応え満点おかず 〇煮物や和え物など、ふと食べたくなる、どこか懐かしい和食おかず 〇旬の食材を使った、食卓が楽しくなる季節のおかず 大切な人や自分自身を想いながら料理をする時間が愛おしいものになりますように♡ そんなお手伝いができれば嬉しいです。 よろしくお願いします✿

    「料理家」という働き方 Artist History