レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

はんぺんと春野菜の昆布出汁さっと煮 わさび添え

副菜

はんぺんと春野菜の昆布出汁さっと煮 わさび添え
  • 投稿日2014/04/07

  • 調理時間15(昆布のつけ時間を除く)

鮮やかな緑と、甘み・香りの良さがたまらない春野菜をうま味のあるはんぺんと共に昆布出汁でさっと煮ました。素材一つひとつの味わいが感じられる春ならではの一品。最後に添えたわさびが格別の風味をプラスしてくれます。

材料2人分

  • はんぺん
    大判1枚
  • スナップえんどう
    6本
  • 菜の花(または小松菜)
    1株
  • 根みつば
    2~3本
  • たけのこ(下茹でしたもの)
    100g
  • 昆布
    1枚(5cm)
  • 350ml
  • わさび
    適量
  • A
    大さじ1
  • A
    みりん
    小さじ1
  • A
    薄口醤油
    小さじ1
  • A
    ひとつまみ

作り方

ポイント

◆春野菜は下ゆでするものとしないものとに分けます。昆布出汁で直接煮るスナップえんどうは、火が通ったら取り出し、他の食材と一緒に先に器に盛り付けておくと色が悪くなりにくいです。◆粗熱が取れてからいただくと、わさびの風味が際立っておいしいです。

  • 1

    昆布は分量の水につけて一晩おく。菜の花(または小松菜)と根みつばは下ゆでし、水気をしぼって食べやすい長さに切っておく。昆布はせん切りにしておく。

  • 2

    スナップえんどうは筋を取る。はんぺん、たけのこ(下茹でしたもの)は食べやすい大きさに切る。

  • 3

    鍋に 1の昆布出汁を入れて火にかけ、煮立ったらA 酒大さじ1、みりん小さじ1、薄口醤油小さじ1、塩ひとつまみで味付けし、2の食材を入れてスナップえんどうが色鮮やかな緑色になるまで軽く煮る。

  • 4

    器にはんぺんと野菜を盛り付け、粗熱が取れた汁を注ぎ、わさびとせん切りにした昆布を添えていただきます。

レシピID

114582

「たけのこ」の基礎

「小松菜」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

はんぺん」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専攻し、現地へ留学。結婚をはさんで数年を過ごすなか、生活のベースとしての「食」の大切さを改めて感じて食の道へ。その土地ごとの暮らし・風土からうまれる料理や食のありかたを学ぶ。 現在は、料理家として企業向けレシピの開発やスタイリング・撮影を手がけるほか、食に関する書籍・コラムの執筆や翻訳、講演など多方面で活動中。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、EU食材×日本食材のマッチングによる季節のオリジナルレシピを開発・監修。広尾のヨーロッパハウス(駐日欧州連合代表部)、国内最大の”食”の見本市・ファベックス関西ほか会場で、同キャンペーンの基調講演をおこなった。

「料理家」という働き方 Artist History