レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

お煮しめ【おせち料理】

主菜

お煮しめ【おせち料理】
  • 投稿日2013/01/17

  • 調理時間80(干し椎茸の戻し時間は除く)

お気に入りに追加

3

おせち料理のお煮しめです。 それぞれ別の煮汁で煮るのが本来の作り方ですが、簡単にするために、下ゆでだけは別々にして、同じお鍋で煮る方法にしました。

材料4人分作りやすい分量

  • 金時にんじん
    1/2本
  • れんこん
    100g
  • ごぼう
    1本
  • こんにゃく
    1/2枚
  • 干し椎茸
    12枚
  • 絹さや
    12枚
  • 銀杏
    9粒
  • だし汁
    400ml
  • 料理酒
    大さじ3
  • みりん
    大さじ3
  • きび砂糖
    大さじ3
  • 薄口醤油
    大さじ3と1/2

作り方

ポイント

干し椎茸の戻し汁で煮ると、椎茸の味が濃く出過ぎてしまうので、ここでは使いません。もったいないので、取っておいて、ひじきや昆布の煮物などに使用してください。 鍋は26cmラウンドのストウブ鍋を使用しました。

  • 1

    干し椎茸は洗って、一晩水につけて戻しておく。 十分やわらかくなったら、軸を切り落とす。

  • 2

    金時にんじんは皮を剥いて5mmの輪切りにする。 れんこんは皮を剥いて5mmの輪切りにし、酢水につけておく。 ごぼうは皮を削いで5cmの長さに切る。太い部分は4等分か2等分にする。

  • 3

    こんにゃくは5mm程度の厚さに切り、真ん中に切り込みを入れ、端を真ん中に入れてひっくり返して手綱こんにゃくにする。

  • 4

    にんじん、れんこん、ごぼう、こんにゃくはそれぞれ熱湯で2~3分下ゆでし、ざるにあけて水気を切る。

  • 5

    大きめの鍋に下ゆでしたにんじん、れんこん、ごぼう、こんにゃくと、戻した椎茸、だし汁を入れて火にかける。沸いたらあくをとり、料理酒、みりん、きび砂糖を入れて弱火にして5分ほど煮る。

  • 6

    薄口醤油を加え、ふたをして弱火のまま1時間ほど煮る。 味をみて良ければ火を止めて、そのまま煮含ませる。

  • 7

    絹さやは筋をとり、塩を入れた熱湯でさっとゆでる。片方の端を斜めに切り落とす。 銀杏は塩を入れた熱湯でさっとゆで、爪楊枝にさして飾る。

レシピID

100362

「にんじん」の基礎

「ごぼう」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

星野奈々子
Artist

星野奈々子

フードコーディネーター。慶應義塾大学卒業。 日本IBMにてITエンジニアとして働きながら本格的に料理の勉強を始め、退社後にル・コルドン・ブルー代官山校 フランス料理ディプロマを取得。祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し、独立。フレンチから和食、エスニックと幅広いジャンルを得意とし、企業や雑誌のレシピ開発、フードスタイリングを中心に活躍。近著は『スープ・ポタージュ・チャウダーの本』『スープジャーでほめられべんとう』(エイ出版社刊)。

「料理家」という働き方 Artist History