レシピサイトNadia
    主菜

    【茄子のはさみ焼き ポン酢あん】レンジでとろじゅわ!

    • 投稿日2024/05/06

    • 更新日2024/06/21

    • 調理時間20

    • カロリー(1人分)209Kcal

    • 総費用目安-

    • 冷蔵保存-

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    油はたったの大さじ1/2なのに、とろとろジューシー! 暑い日にうれしい、レンジで完結するおかず!さっぱりポン酢あんで召し上がれ♩豪快な見た目ですが、実はとってもヘルシー。その秘密は、茄子の皮を油でコーティングすること。必要最小限の油で見た目に色良く仕上がります♩しっかり食べ応えがあるので、満足感もたっぷり。ダイエットや食事制限をされている方でもおいしくいただける主菜です。 たんぱく質:14.6g 脂質:10.0g 炭水化物:15.3g 食物繊維量:2.1g 食塩相当量:1.4g

    材料2人分

    • 茄子
      2本
    • 鶏ひき肉
      150g
    • 長ねぎ
      1/4本(30g)(みじん切り)
    • しょうが
      ひとかけら(チューブ)(すりおろす)
    • A
      片栗粉
      大さじ1
    • A
      小さじ1
    • A
      醤油
      小さじ1/2
    • A
      こしょう
      少々
    • B
      ポン酢
      大さじ2
    • B
      みりん
      大さじ1
    • B
      片栗粉
      小さじ1
    • ごま油
      大さじ1/2
    • 小ねぎ(小口切り)、白いりごま
      適量

    作り方

    ポイント

    *鶏ひき肉はむね、もも、どちらでもお好みの部位でお作りください(今回は鶏むねひき肉を使用) *しょうがはチューブでもOKです(その場合は5cm) *茄子1個分でお作りになる場合は、電子レンジ600wで4分加熱してください *栄養成分の表示値は一人分(小ねぎ、白いりごま除く)の目安です おいしく作れますように。 #250kcal以下 #脂質10.0g以下 #塩分1.5g以下

    • 使用した材料です。

      工程写真
    • 1

      茄子のヘタは一周切れ目を入れてガクを落とす。縦半分切り、さらに厚さ半分のところに切り込みを入れる(ヘタの方を切り離さないように)。

      工程写真
    • 2

      ボウルに鶏ひき肉、長ねぎ、しょうが、A 片栗粉大さじ1、酒小さじ1、醤油小さじ1/2、こしょう少々を入れて、よく混ぜる。 

      工程写真
    • 3

      2を4等分にして、内側に片栗粉(分量外)をまぶした茄子の間にはさむ。はみ出したタネは手で軽く馴染ませる。

      工程写真
    • 4

      耐熱容器に3を並べて、茄子の皮の表面にごま油を塗る。ラップをかけ、電子レンジ600wで6分加熱する。

      工程写真
    • 5

      別の耐熱容器に、4から出た肉汁とB ポン酢大さじ2、みりん大さじ1、片栗粉小さじ1を入れて、よく混ぜ合わせ、電子レンジ600wで30秒加熱する。とろみが足りなければ、再度かき混ぜて10秒追加で加熱する。

      工程写真
    • 6

      4を器に盛り付け、5のポン酢あんをかけて、小ねぎ(小口切り)、白いりごまを乗せる。

    • 7

      切り込みを入れる箇所の補足図です。

      工程写真
    • 8

      切り込みを入れる箇所の補足図です。

      工程写真
    • 9

      切り込みを入れる箇所の補足図です。

      工程写真
    レシピID

    410228

    質問

    作ってみた!

    こんな「はさみ焼き」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「なす」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    管理栄養士ぶんちゃん
    • Artist

    管理栄養士ぶんちゃん

    • 管理栄養士

    大学生/管理栄養士 ○栄養成分がわかる ○お塩や油脂はできるだけひかえめ ○おいしさ × 健康 の両立を目指したレシピ 全てのご縁に感謝します💐 研究▶︎うま味やだしのおいしさについて 料理家▶︎アンバサダー、レシピ開発、提供等

    「料理家」という働き方 Artist History