レシピサイトNadia
    デザート

    焼き立てを食べたい!ぐりとぐらのカステラパンケーキ

    • 投稿日2020/11/25

    • 更新日2020/11/25

    • 調理時間15(焼く時間は除く)

    お気に入り

    1231

    ぐりとぐらのふわふわカステラです!絵本の中から出てきたようなカステラを焼きました!お子様も喜ぶふわふわのカステラ、ぜひ試してみてください! ✨「日本の食卓を応援するレシピ」食卓応援ポイント✨ 簡単なのに本格的な味!お子様も大人もみんな幸せになるカステラです!

    材料1人分15cmスキレット1つ分

    • A
      2個
    • A
      グラニュー糖
      40g
    • 薄力粉
      60g
    • B
      牛乳 
      15g
    • B
      米油
      10g
    • バター
      適量
    • 蜂蜜
      適量

    作り方

    ポイント

    ・生地が余った場合は別の容器に入れて焼いてください。 ・スキレットの淵まで生地を流し入れるとぷっくり膨らみます。 ・スキレットで天板に傷がつく恐れがあるので、天板にオーブンシートを敷きました。

    • スキレットの表面にサラダ油(分量外)を塗っておく。 オーブンを180℃に余熱しておく。

    • 1

      ボウルにA 卵2個、グラニュー糖40gを入れハンドミキサーで白っぽくもったりするまで泡立てた後(約4分)、薄力粉をふるい入れ、下からすくうようにゴムベラで混ぜる。

    • 2

      薄力粉の塊が見えなくなったら、B 牛乳 15g、米油10gを加え、下からすくうようにゴムベラで混ぜた後、スキレットに生地を流し入れ、180℃で20分焼く。

    • 3

      お好みでバターや蜂蜜をつける。

    レシピID

    402015

    質問

    作ってみた!

    レビュー(1件)
    • COCO太郎
      COCO太郎

      2020/12/13 13:02

      はじめまして!子供達がグリとグラ大好きなので作りたいのですが、、牛乳は豆乳で代替えしても問題ないでしょうか??

    関連キーワード

    「パンケーキ・ホットケーキ」に関するレシピ

    「オーブン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    おやつラボ
    • Artist

    おやつラボ

    おやつ動画クリエーター

    【自己紹介】 3歳児の父・マスターです。お菓子と、時々我が家の定番メニューを投稿しています。2023年2月Instagramのフォロワーさんが24万人を超えました〜!ありがとうございます! 【著書】 おやつラボ お菓子のきほん2 宝島社 2022年9月29日発売 おやつラボ お菓子のきほん 宝島社 2021年9月13日発売 シリーズ累計発行部数11.1万部突破! 【レシピ開発の想い】 お菓子やケーキは誕生日や記念日など特別な日に作ることが多いと思っています。大切な日を彩るものだからこそ心がけているのが絶対に「美味しい!」と言ってもらえるレシピ開発をすること。おやつラボのレシピで、より多くの方が幸せな気分になっていただけたら嬉しいです! 【おやつラボのこれまで】 小さい頃からケーキが大好きで、お気に入りは誕生日などによく食べる銀座コージーコーナーのショートケーキでした。そんな私がお菓子作りを始めたきっかけは、小学生の頃に母にクッキーを作ろうと思ったこと。スプーンで落とす簡単なクッキーで、オーブンレンジもあったのにオーブントースターで焼くという、今ならそこはオーブンだろ!と言いたくなるような作り方ですが、それなりにできたと思ってます(笑)その後、朝早く起きてバターロールを作ったり、誕生日にはケーキを作るなど自分の作ったお菓子で家族が笑顔になってくれるのが嬉しかったです。 特に強敵だったのがスポンジケーキ。買った本の通りに作っても全然うまくできない…そこからスポンジの研究が始まり、毎日のように練習。そして焼きすぎてオーブンレンジが壊れました。 違う本を買ってもらって練習を続け(もちろんオーブンも買い直して😂)、やっと目標の銀座コージーコーナーのような、ふわふわなスポンジが作れるようになりました。 しばらくお菓子作りに熱中していたんですが、大学・就職を経てお菓子を作る機会が減ってしまいました。 2019年に子どもが生まれるのを機に、お菓子作りを再開し、子供の退院祝いのために作ったケーキを動画撮影して、記念にYouTubeに投稿したのをきっかけに、YouTubeチャンネルを始めました。 Instagramへの投稿、YouTubeの動画編集は妻がしています。

    「料理家」という働き方 Artist History