レシピサイトNadia
    主菜

    PR:ハナマルキ株式会社

    【チキンとキノコのトマト煮】塩こうじだけ!驚きの美味しさ♡

    • 投稿日2024/06/09

    • 更新日2024/06/09

    • 調理時間20

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安-

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    きのこの旨味と塩こうじの旨味で仕上げる 旨味たっぷりのトマト煮。 お肉がしっとり柔らかに仕上がります。 煮込むのはキノコと玉ねぎだけ。 お肉は煮込まずサッと火を通すだけ。 時短で仕上がり、旨味たっぷり、お肉しっとり♡ 味付けは塩こうじのみ。 驚くほど美味しく仕上がるので ぜひお試しください(#^^#)

    材料4人分

    • A
      鶏むね肉
      1枚(300g)
    • A
      液体塩こうじ
      大さじ1
    • B
      しめじ
      200g
    • B
      マッシュルーム
      100g
    • 玉ねぎ
      200g
    • C
      液体塩こうじ
      大さじ2
    • C
      トマト缶
      1缶(400g)
    • C
      50ml
    • 白こしょう
      少々
    • オリーブオイル
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    鶏むね肉は鶏モモ肉でも代用可能です。 野菜を煮込んでいる間に漬け込めばOK。 キノコと玉ねぎは炒めてから煮込み、旨味をトマトソースに移します。 トマト缶を加えるときは、トマト缶を最初に入れ 入れ終わったトマト缶に分量の水を加えて缶をきれいにしてから鍋に加えると トマトが無駄なく使えます。 鶏むね肉を加えるときは下味で漬け込んだ液体塩こうじも全部加えて煮てください。 お肉に火が通ったら、これ以上煮込まず火を止めます。 (鶏むね肉の場合は煮込みすぎると固くなるので注意してください)

    • A 鶏むね肉1枚、液体塩こうじ大さじ1を漬け込む。 ※鶏むね肉はそぎ切りにする。 ※漬け込む時間は10分程度でOK (きのこを煮込んでいる間に漬け込めばOKです)

      工程写真
    • 1

      B しめじ200g、マッシュルーム100gをオリーブオイルで炒める。 ※しめじはほぐし、マッシュルームは半分にカットする。

      工程写真
    • 2

      きのこがしんなりしてきたら、一口大にカットした玉ねぎを加えて一緒に炒める。

      工程写真
    • 3

      玉ねぎが透き通ってきたらC 液体塩こうじ大さじ2、トマト缶1缶、水50mlを加えて玉ねぎが柔らかくなるまで煮込む。 ※ここでローレルなどの煮込み用ハーブを加えてもOK。

      工程写真
    • 4

      玉ねぎが柔らかくなったら、A 鶏むね肉1枚、液体塩こうじ大さじ1の鶏むね肉を漬け汁ごと加えてサッと煮る。

      工程写真
    • 5

      鶏むね肉に火が通ったら白こしょうを加えて味を調え、火を止める。 ※お肉を加えたら煮込まず、お肉に火が通ったら火を止める。

      工程写真
    レシピID

    484771

    質問

    作ってみた!

    「トマト煮」の基本レシピ・作り方

    こんな「トマト煮」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「きのこ」の基礎

    「鶏むね肉」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    金子美和(さとみわ)
    • Artist

    金子美和(さとみわ)

    料理研究家・料理ブロガー

    • 調理師
    • トータルフードコーディネーター
    • 上級食育アドバイザー
    • ベジタブル&フルーツアドバイザー
    • 雑穀マイスター
    • 食生活アドバイザー

    2児の母。 「美味しく食べて健康に過ごす」をモットーに 毎日続けられる簡単で体に優しいお料理やスイーツ作りを考案しています。 きっかけは、食生活を変えたことで、自分をはじめ家族の体質が改善したこと。 自分と子供のアトピーや花粉症などのアレルギー症状が以前よりも軽くなり 風邪をひきやすかった子供や旦那さんも 今ではほとんど風邪をひかなくなりました。 高血圧な旦那さんのために、減塩でも美味しく食べれる料理を作り 私は歳を重ねるたびに感じるお肌の老化や疲労、ストレスなどを少しでも抑えたくて、 体の中から健康的になれるよう、毎日の食事に気を付けています。 ◎なるべく動物性のものを使わなくても美味しく作れるスイーツ。 ◎甘さを抑えて美味しく作れる米粉のスイーツ。 ◎塩分控えめでも「旨い!」と言ってもらえる毎日のおかず。 ◎砂糖を減らしても「これおいしい~」と子供が喜ぶメインのおかず。 ◎子供と一緒に作れる簡単おやつ。 毎日食べる食事。 続けることが一番大切です。 簡単に作れて、どこでも手に入る食材を使ったレシピを提案していこうと思っています。 私のレシピが皆様の健康に少しでも役に立てたら嬉しいです。 資格:上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・トータルフードコーディネーター・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・ダイエット検定1級・調理師免許・ホームパーティー検定3級

    「料理家」という働き方 Artist History