レシピサイトNadia
    副菜

    調味料2つ!また作りたくなる【やみつきポテトサラダ】

    • 投稿日2024/06/03

    • 更新日2024/06/03

    • 調理時間10(しゃがいもの蒸し時間は除く)

    自分で作るポテトサラダの味に飽きていたので、大胆に味付けを変えてみました。 焼き肉のタレを使ってみたらとても美味しかったのです。 味付けはシンプルに焼き肉のタレとマヨネーズだけ。 粗挽き黒こしょうがアクセントです。 じゃがいもも蒸し器で蒸すやり方が甘味が増して1番美味しいですが、時間がなければ電子レンジでも。 カリッと焼いたベーコンをのせて召し上がれ。 ビールのおつまみにぴったりですが、子供も好きな味です!

    材料2人分2〜3人分

    • じゃがいも
      2個(250g)
    • ベーコン
      45g
    • 焼き肉のタレ
      大さじ1
    • マヨネーズ
      大さじ2
    • 粗挽き黒こしょう
      適量
    • イタリアンパセリ
      適宜(省いてもOK)
    • 青のり
      適宜

    作り方

    ポイント

    ・じゃがいもは熱いうちに皮をむいて、ざっくり潰して焼き肉のタレで味付けをします。マヨネーズは粗熱が取れてから入れてください。 じゃがいもの皮はキッチンペーパーを使ってむくと火傷せずに綺麗にむけます。 ・飽きがこないように、薄味になっています。濃いめの味付けがお好みでしたら、焼き肉のタレを増やしてくださいね。 ・青のり、イタリアンパセリは省いてもOKです。

    • じゃがいもを1/2〜1/4の大きさに切って蒸す。 *蒸し器、スチーマーなら30分前後 *電子レンジなら洗ってラップでつつみ、1個あたり600Wで4分前後加熱。 いずれも竹串がずっと入ればOKです。

      工程写真
    • 1

      じゃがいもは熱いうちに皮をむき、粗く潰して焼き肉のタレを加えてざっくり混ぜる。

      工程写真
    • 2

      ベーコンは1センチ幅に切り、フライパンでカリッと焼く。 *油は不要です

      工程写真
    • 3

      じゃがいもの粗熱がとれたら、マヨネーズを入れて和える。

      工程写真
    • 4

      お皿に3を盛り付け、上にベーコンをのせ、粗挽き黒こしょうをふり、イタリアンパセリ を飾る。お好みで青のりをふっても。

      工程写真
    レシピID

    484462

    質問

    作ってみた!

    「ポテトサラダ」の基本レシピ・作り方

    こんな「ポテトサラダ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「じゃがいも」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    富岡清美
    • Artist

    富岡清美

    料理研究家

    • 野菜ソムリエ
    • フードコーディネーター
    • 唎酒師

    料理研究家。 世田谷区でイタリア料理&テーブルコーディネート教室「しあわせイタリアン」主宰。FSPJテーブルコーディネートスクール認定サロン。 OLの傍ら、イタリア料理研究家に師事し、アシスタントを経てイタリア料理教室で講師を務める。同時期、祐成陽子クッキングアートセミナーにてフードコーディネーター養成コースを修了、フードコーディネーターの資格を取得。 その後、出産を経て、自宅サロンでのお料理教室「しあわせイタリアン」をスタート。 2020年には、野菜ソムリエ、アンチエイジングフードマイスターの資格を取得。テーブルウェアフェスティバル2021入選。 “食べて美しく健康になるイタリアン”を提案。 料理を通してたくさんの人を幸せに!そんな思いで「しあわせイタリアン」の活動をしています。 *現在はレシピ開発に活動をシフトしており、料理教室は不定期開催です。 他の食の資格:食空間プランナー、アンチエイジングフードマイスター

    「料理家」という働き方 Artist History