レシピサイトNadia
    主食

    【あさりの基本の砂抜き法】ごちそうボンゴレスパゲッティ

    • 投稿日2021/03/28

    • 更新日2021/03/28

    • 調理時間10(あさりの砂抜き時間を除く)

    ★【から付きあさりの基本の砂抜き】 食べてジャリっとして、失敗した!という経験ありませんか?ただ塩水に浸けるだけでは砂抜きは出来ないんです。 ①少しあさりが顔を出すくらいの塩水 ②塩分濃度は海水程度、なめてみて少し塩味を感じる濃度。 ③暗い場所で砂を吐く。 ★【イタリアではボンゴレは春の料理】春になるとあさりが美味しくなりますね。日本では一年中ボンゴレを食べますが、イタリアでは春の旬の時期にたくさん食べられます!

    材料2人分

    • スパゲッティ
      160g(1.6mm使用)
    • 殻付きあさり
      300g
    • にんにく
      1かけ
    • 赤唐辛子
      1本(種を取る。)
    • オリーブオイル
      大さじ1
    • 白ワインまたは酒
      大さじ2
    • 塩・こしょう
      各少々
    • スパゲッティのゆで汁
      大さじ1〜2
    • パルメザンチーズ
      適量

    作り方

    ポイント

    ★【ボンゴレビアンコ】ボンゴレを白く仕上げる場合には、白ワインやゆで汁、塩・こしょうで味付けます。 【ボンゴレロッソ】 赤いあさりのスパゲッティで、トマトソースで味付けします。 どちらも美味しいですよ。

    • 殻付きあさりは海水程度の塩水に浸けて塩抜きして、殻と殻を擦り合わせてよく洗っておく。

      工程写真
    • 1

      にんにくは薄切り、赤唐辛子は種を取る。

      工程写真
    • 2

      鍋にたっぷりの湯を沸かして、1%の塩〈分量外〉を加えてスパゲッティを表示時間よりやや少なめにゆでる。

    • 3

      フライパンにオリーブオイルを中温に熱し、にんにく、赤唐辛子を入れて炒めて一度取り出しておく。

      工程写真
    • 4

      フライパンに水気を切った殻付きあさりを入れて、白ワインまたは酒を加えて蓋をしてあさりの口が開くまで蒸し焼きにする。

      工程写真
    • 5

      フライパンにスパゲッティを加えて炒め、スパゲッティのゆで汁を加えてフライパンをゆすりながら馴染ませて、塩・こしょうで調味する。

      工程写真
    • 6

      器に盛り、にんにくを散らし、お好みでパルメザンチーズ・こしょうをふる。

      工程写真
    • 7

      殻付きあさりの砂抜き法 ①海水程度の塩水を用意。 ②平らなバットやボウルにザルや網を敷いて、あさりが吐き出した砂をもう一度吸わないようにする。 ③新聞紙をかぶせたり冷暗所に置くと砂を吐きやすい。

      工程写真
    レシピID

    409858

    質問

    作ってみた!

    「ボンゴレ」の基本レシピ・作り方

    こんな「スパゲッティ」「パスタ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「スパゲッティ」の基礎

    「パスタ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    • Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士

    • 栄養士

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 書籍📕『旬と野菜を愉しむあーぴんの絶品おかず』宝島社 2023年9月発売 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP・Nadia動画賞 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History