レシピサイトNadia

    【豚こま肉が変身】豚こま肉だから!ジューシーやわらか酢豚

    主菜

    【豚こま肉が変身】豚こま肉だから!ジューシーやわらか酢豚

    お気に入り

    540

    • 投稿日2021/09/08

    • 調理時間15

    ★【豚こまだからこそジューシーやわらか】お子様やお年寄りも食べやすい、やわらかジューシーな豚肉の酢豚です。 ★豚こま切れ肉に片栗粉をふり、丸めてかたまり肉にしました。まぶした片栗粉が肉汁を吸ってジューシーです。 ★【豚こま切れ肉を塊肉に変身】 節約、経済メニューです。 かたまり肉よりジューシーで柔らかく出来ます!!

    材料2人分2〜3人分

    • 豚こま切れ肉
      150g(もも肉・ロース肉などの薄切りでも。)
    • A
      酒・しょうゆ
      各小さじ1
    • 片栗粉
      大さじ3〜4
    • ピーマン
      3個
    • 赤・黄色パプリカ
      各1/2個
    • たまねぎ
      小1個(100g)
    • にんにく
      1かけ(みじん切り)
    • しょうが
      1かけ(みじん切り)
    • ごま油
      大さじ2〜3
    • B
      50ml
    • B
      大さじ3
    • B
      トマトケチャップ
      大さじ2
    • B
      砂糖
      大さじ2
    • B
      酒・みりん
      各大さじ1
    • B
      しょうゆ
      大さじ1
    • B
      鶏がらスープの素
      小さじ1
    • B
      片栗粉
      小さじ1(同量の水で溶いて加える。)
    • ごま油
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    ★お肉の全面に片栗粉をつけてクルクル丸めて、お肉のまわりにも粉を付けると調味料が良く絡みます。 ★お肉を最初に焼き付けるのがポイントです!!

    • ☆ピーマン、赤・黄色パプリカ、たまねぎは乱切りする。 ☆にんにく、しょうがはみじん切り。

      工程写真
    • 1

      ☆豚こま切れ肉はA 酒・しょうゆ各小さじ1で下味をつけて片栗粉をまぶしてボール状のかたまりに丸める。 ☆B 水50ml、酢大さじ3、トマトケチャップ大さじ2、砂糖大さじ2、酒・みりん各大さじ1、しょうゆ大さじ1、鶏がらスープの素小さじ1、片栗粉小さじ1の調味料を合わせる。

      工程写真
    • 2

      フライパンにごま油を入れて、にんにく、しょうがを炒め、豚肉を入れ、焼き色をつけ、時間差でたまねぎも加えて炒める。 豚肉の周りににんにくやしょうががまぶされる感じです。

      工程写真
    • 3

      赤・黄色パプリカを加えて、サッと炒め、ピーマンを加えてB 水50ml、酢大さじ3、トマトケチャップ大さじ2、砂糖大さじ2、酒・みりん各大さじ1、しょうゆ大さじ1、鶏がらスープの素小さじ1、片栗粉小さじ1で味を絡める。

      工程写真
    • 4

      仕上げにごま油を鍋肌から回し入れる。

      工程写真
    • 5

      器に彩り良く盛る。 お好みで黒こしょうをふる。

      工程写真
    レシピID

    421223

    このレシピが入っているArtist献立

    「鶏むね肉」の基礎

    「玉ねぎ」の基礎

    「ピーマン」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    酢豚」「おつまみ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History