レシピサイトNadia
    主菜

    ご飯おかわり【シャキッと新玉ねぎと牛こま肉のガリバタ醤油】

    • 投稿日2022/05/18

    • 更新日2022/05/18

    • 調理時間10(牛肉の漬け込み時間は除く。)

    お気に入り

    525

    ★牛肉と新玉ねぎを合わせて、にんにくを効かせたバターしょうゆで味付けしました。 ★【新玉ねぎはよりシャキッと感じる切り方です】新玉ねぎは焼くと甘さが増すのでじっくり火を通してくださいね。 ★お弁当のおかず、作り置きにも🎵 ★下味の段階で豚肉を冷凍保存可能です。冷凍庫で3週間ほどで使い切ってください。

    材料2人分

    • 牛こま切れ肉
      100g
    • A
      しょうゆ
      小さじ2
    • A
      小さじ2
    • A
      おろしにんにく
      小さじ1〜2(チューブの場合2〜4cm)
    • A
      おろし生姜
      小さじ1(チューブの場合2cm)
    • 新玉ねぎ
      1個(200g)
    • にんにく
      2かけ
    • 片栗粉
      大さじ2
    • サラダ油
      大さじ2
    • B
      しょうゆ
      大さじ2
    • B
      みりん
      大さじ2
    • B
      大さじ1
    • B
      砂糖
      小さじ2
    • バター
      10g
    • 粗挽き黒こしょう
      少々

    作り方

    ポイント

    ★豚こま肉、鶏むね肉でも鶏もも肉でも美味しくできます。 ★新玉ねぎがない場合には、普通の玉ねぎでもおいしく作れます。

    • *牛こま切れ肉は大きな場合には包丁で切り、A しょうゆ小さじ2、酒小さじ2、おろしにんにく小さじ1〜2、おろし生姜小さじ1で下味をつける。(10分) *新玉ねぎは芯をつけたまま1/6または1/8のくし形に切る。 *にんにく薄い輪切りにする。

      工程写真
    • 1

      牛肉の水気を拭いて、表面に片栗粉をまぶす。 (お肉が柔らかくなり、こま切れ肉がきちんと形になりボリュームも出ます)

    • 2

      フライパンにサラダ油を低温に熱し、にんにくを焼いて取り出しておく。

      工程写真
    • 3

      同じフライパンに新玉ねぎを加えて透明になり、こんがり焼き色が付くまで焼く。

      工程写真
    • 4

      フライパンの空いたところに牛肉を入れて炒め、B しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ1、砂糖小さじ2で味をつけて全体にからませる。 仕上げにバターを落とす。

      工程写真
    • 5

      器に盛り、お好みで粗挽き黒こしょうをふる。

      工程写真
    レシピID

    437294

    質問

    作ってみた!

    • ゆうママ
      ゆうママ

      2023/02/18 15:44

      日持ちはどのくらいですか?

    こんな「炒めもの」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「玉ねぎ」の基礎

    「牛肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    • Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士

    • 栄養士

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 書籍📕『旬と野菜を愉しむあーぴんの絶品おかず』宝島社 2023年9月発売 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP・Nadia動画賞 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History