レシピサイトNadia
    主菜

    *牡蠣と豚肉とほうれん草の鍋*

    • 投稿日2019/12/08

    • 更新日2019/12/08

    • 調理時間15

    旬の栄養たっぷりなほうれん草がたっぷり食べられます^ ^ 薬膳効果 ☆ほうれん草...造血作用、胃腸の活性化、身体の渇きを潤す ☆ネギ...発汗作用、風邪の初期症状に、冷え性に、胃腸の働きを整える  ☆豆腐…体の余分な熱をとる。目の充血、口の渇きに、浮腫みに ☆牡蠣...ストレス対策に、慢性疲労に、乾燥肌に、美肌に  ☆豚肉…滋養強壮に、肌の乾燥に、喉の渇きに、便秘に、ビタミンB1を多く含み、疲労回復、脳神経の働きを正常に保つ 

    材料4人分

    • 豚バラ薄切り肉
      300g
    • 牡蠣
      250g
    • 豆腐
      1丁
    • ほうれん草
      2束
    • 長ねぎ
      2本
    • A
      1200ml
    • A
      めんつゆ(3倍濃縮)
      200cc
    • A
      みりん
      大さじ2
    • A
      鶏ガラスープの素
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    しめは蕎麦がオススメですよ^ ^

    • 豚バラ薄切り肉→長いものは食べやすく切る。  牡蠣→ ボウル入れ、片栗粉(分量外)をまぶして優しく揉み込み、流水で洗い流し、水気を拭き取っておく。 ほうれん草→根元を切り、4cmに切る。 長ねぎ→斜め切りにする。 豆腐→食べやすく切る。

    • 1

      鍋や土鍋にA 水1200ml、めんつゆ(3倍濃縮)200cc、みりん大さじ2、鶏ガラスープの素大さじ1を煮立て、長ねぎと豚バラ薄切り肉、豆腐を煮る。

    • 2

      火が通ったら、ほうれん草、牡蠣を加えて出来上がり!

    レシピID

    383477

    質問

    作ってみた!

    こんな「鍋料理」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「豚肉」の基礎

    「牡蠣」の基礎

    「めんつゆ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    松山絵美
    • Artist

    松山絵美

    料理家

    • ワインソムリエ
    • チーズコーディネーター
    • フードオーガナイザー
    • 薬膳漢方マイスター
    • 唎酒師

    9歳から14歳までの4児の母。 韓国ルーツを持つ夫との結婚をきっかけに韓国料理のレシピを学び、薬膳効果も期待できるヘルシーな韓国ごはんが得意。 また、子供受け抜群の家庭料理や時短節約料理、特別な日のおもてなし料理など、日々の料理を提案。 著書 『4児ママ・松山さんの薬膳効果つきやみつき節約めし』(主婦の友社) 『松山絵美のカンタンなことしかやらないレシピ』(ワン・パブリッシング) 『家族がよろこぶ! 松山絵美のBESTおかず500品』(ワンパブリッシング)  『松山絵美の体にやさしく本格派! 韓国ごはん』(宝島社)

    「料理家」という働き方 Artist History