レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【きのこ焦がして旨味倍増!!】食べすぎ注意絶品和風パスタ

主食

【きのこ焦がして旨味倍増!!】食べすぎ注意絶品和風パスタ
  • 投稿日2022/07/31

  • 調理時間15

お気に入りに追加

88

きのこを目覚めさせるこのレシピ! 知ってるだけで旨味たっぷりのきのこパスタを作れます! ミニトマトの酸味も相まって美味しいです!

材料1人分

  • スパゲティ
    100g
  • お好みのきのこ
    100g程度
  • バター
    10g
  • ミニトマト
    6個
  • A
    マヨネーズ
    小さじ1
  • A
    醤油
    小さじ1
  • パセリ
    適量
  • お湯
    1000ml
  • 13g
  • スパゲティの茹で汁
    お玉1杯分

作り方

ポイント

きのこを油をひかずに焼くことで水分を飛ばし旨味を凝縮します。 バターで味を補助 白だしなどをいれても旨味が深まって美味しいです。

  • ミニトマトを半分にカットする。 お好みのきのこを食べやすい大きさにさいておく。

  • 1

    スパゲティを、お湯に対して1.3%の塩分量で、袋の表記より30秒短く茹でる。

  • 2

    お好みのきのこを油をひかずにフライパンで強火で焼き色がつくまで焼く。

  • 3

    きのこに焼き色がついたらバターとミニトマトを入れて更に中火で炒める。ミニトマトの表面に焼き色がつくくらいでOK。

  • 4

    スパゲティの茹で汁を加え、茹で上がったスパゲティ、A マヨネーズ小さじ1、醤油小さじ1を入れて、全体をよく混ぜる。

  • 5

    お皿に盛り付け、パセリをふりかける。

レシピID

441932

「ミニトマト」の基礎

「きのこ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ゆへパスタ
Artist

ゆへパスタ

「おうちで簡単にできるパスタレシピ」を発信している ゆへパスタと申します\(^o^)/ おうちパスタ好きを増やすことをモットーにSNSでの発信など活動しております。 パスタに対する熱量なら誰にも負けません! ▼SNS Instagram @ouchi_ryouri https://www.instagram.com/ouchi_ryouri/ Youtube https://www.youtube.com/channel/UC14CRldBzi-JUYxf-KdfQ9g Lemon8 https://www.lemon8-app.com/svsv102030?region=jp ▼簡単なプロフィール ・29歳、会社員、新婚、週7パスタ ・Instagramフォロワー9.2K(2022年1月現在) ・300以上のパスタレシピを投稿! ・パスタ消費量年間300食以上のパスタフリーク ▼パスタとの出会い ・幼少時代からパスタ大好き少年。  自己紹介は「好きな食べ物はパスタです」が決り文句。  家族での外食は決まって「ジョリーパスタ」  生まれながらのパスタ好きですが、  もちろん自分でパスタは作ったことはなく、  親がたまに作ってくれるパスタは作り置きできる「ミートソースパスタ」   「パスタは美味しいけど作るのは難しいもの……」    大学卒業まで実家暮らしの僕はそう思っていました。  転機は21歳カナダ留学時代。  初めての海外での暮らしですが、同時に初めての「ひとり暮らし」であり、  お金もなかったので自炊をしていました。  そこで出会ったルームメイトがなんと元イタリアンシェフ!  簡単そうにパスタを作るその友達に作り方を教えてもらい  産まれて初めて自分でパスタを作りました。  しかも大好物だけど一番難しそうなカルボナーラ  「なにこれ…上手い…しかも簡単すぎない?…材料これだけ?…しかも安……」    そのときの感動は今でも忘れられません。    そのパスタは外で食べるパスタよりも熱々で、  食べたいと思ってからわずか10分で完成。  チーズもかけ放題。外で食べるより上手い。。。    それからここぞとばかりにパスタのイロハを教わりました。  極貧だった留学生の私にとって、食材の安さにもたすけられました  (カナダは1kgで1ドル(約100円)で売っていました)    パスタにドハマリして、留学中は1日5食くらいパスタ食べていました。笑  「パスタって最高、、、」    帰国後はひとり暮らしをしていますが、それからは週7パスタの毎日です\(^o^)/  旨い!簡単!安い!3拍子揃ったおうちパスタをみんなに伝えたい!  そんな思いでインスタグラムで発信を始め、今では1万人近い方々にフォロー頂いております。

「料理家」という働き方 Artist History