レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ラム骨付きすね肉とたっぷり野菜のはちみつ醤油グリル

主菜

ラム骨付きすね肉とたっぷり野菜のはちみつ醤油グリル
  • 投稿日2022/08/10

  • 調理時間40(ラム肉の漬け込み時間は除く)

お気に入りに追加

35

ラム骨付きすね肉をはちみつ醤油に漬け込んでフライパンで香ばしく焼きました♪ 切る野菜も少ないので、バーベキューやキャンプなど、アウトドアで焼くのもおすすめ! 一緒に焼くじゃがいもやピーマン等も、ラム肉の漬け込みだれを捨てることなくかけて調理し、ホクホク&美味しく頂けます♪ (さらにたれが欲しい場合は、ポイント欄に記載しています) じゃがいもやパプリカのビタミンCは加熱しても失われにくく、ラム肉の鉄分摂取と良い食べ合わせになります。 (オーブン調理の方法もポイント欄に記載しています)

材料4人分

  • ラム骨付きすね肉
    1本(450〜500g)
  • A
    白ワイン
    大さじ2
  • A
    醤油、はちみつ
    各大さじ1
  • A
    おろしにんにく
    5g
  • じゃがいも
    300g(あればメークイン)
  • ピーマン
    2個
  • パプリカ(赤)
    1/2個
  • サラダ油
    大さじ1

作り方

ポイント

・ラム肉は、はちみつ醤油だれに漬け込んでいるので少し焦げやすいです。焼いている時は火加減に注意し、時々底面の様子をチェックしてください。また、フライパンがカラカラになりすぎて煙が出る場合は、火を弱め、水を少しずつ(30〜50ml程度)そっと入れてください。 ・オーブンで作りたい場合は、オーブン対応のフライパン(または耐熱容器)にアルミホイルを敷き、漬け込んだラム肉と野菜を並べ、たれを回しかけて200℃で40分焼いてください。 ・途中でつけだれをかけて焼くため、味は野菜にも染み込みますが、さらにたれが欲しい場合は、ねりごま、はちみつ、醤油を同量程度ずつと、おろしにんにく少々を加えて混ぜたものをご用意ください。 #アンズコフーズタイアップ

  • 30㎝四方のアルミホイルを2枚用意しておく。

  • 1

    ラム骨付きすね肉をジッパー付き保存袋に入れ、A 白ワイン大さじ2、醤油、はちみつ各大さじ1、おろしにんにく5gを加えてよくもみ込み、3〜4回向きを変えながら一晩以上冷蔵庫におく。 じゃがいもは縦半分に切り、水に数分さらしてから水気を拭きとる。パプリカ(赤)は縦半分に切ってヘタと種を取り除き、さらに縦半分ずつに切る。

    工程写真
  • 2

    フライパンにサラダ油を熱し、つけだれから取り出したラム肉を中央に置く。(つけだれは後で使うので取っておく) 肉のまわりにじゃがいもを並べ入れ、蓋をして弱めの中火で焼く。

    工程写真
  • 3

    ラム肉の全面に焼き色をつけるように12~13分焼き、ピーマン、パプリカを加えてさらに8分程焼く。

    工程写真
  • 4

    アルミホイルにフライパンの中身をのせ、アルミホイルごとフライパンに戻し入れる。取っておいたつけだれを回しかける。

    工程写真
  • 5

    もう1枚のアルミホイルで覆い、さらにフライパンの蓋をして10分、弱火で蒸し焼きにする。 火を消してそのまま5分おく。

    工程写真
レシピID

438303

「じゃがいも」の基礎

「ピーマン」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ラム肉」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

藤本マキ
Artist

藤本マキ

料理研究家 栄養士 豆腐マイスター _______________________ 【おいしさにこだわる糖質オフレシピ】 【見栄えはするけど実は簡単な家飲みごはん】 を中心にレシピをご提案しています。 特に現在は、筋トレ&ダイエット中の夫の食事を兼ねて、 【低糖質・低脂質・高たんぱく質】を心がけたレシピが中心です。 ※以前はリバウンドを繰り返していた夫も、-10kgのダイエットに成功! * 過去の海外生活の経験から、食材の味を大切にした料理や、 日本でも入手しやすい材料・調味料に置き換えて作った エスニック・アジア料理、手軽に作れるホームパーティーメニューの レシピも発信しています。 レシピ開発、撮影調理、スタイリング、コラム執筆や企画書作成などを行い、 SNSでもわかりやすいスワイプレシピを発信中です♪

「料理家」という働き方 Artist History