レシピサイトNadia
    • 2022/11/22
    • 献立
    • 5日分
    • 261

    中高生身体づくりご飯

    食べ盛り成長盛りの子供たちは、お肉ばかりなどになりがちですが、複数の食材からたんぱく質を摂取し、ビタミンミネラルもしっかり摂って、栄養の吸収率を上げていきます。 家族それぞれ食べる時間がバラバラでも、作り置きプラス、一品は温かい一皿を出してあげましょう。 冷蔵庫で余りがちな野菜も、うまく使い回せるよう考えています。お好きな献立から是非作ってみてください。 中高生だけでなく、シニアの方までたんぱく質の重要性が強調されている昨今、彩り豊かな食卓で、家族みんなの心も体もエネルギーチャージしましょう!

    1日目

    辛くないけど温まる、韓国ご飯

    まず豆腐の水切りをしておきます。 ナムルは1種類だけでも良いかと思いますが、お湯を沸かすのは一度でいいので、袋からそのまま入れられるもやしは手間なく作れます。 クッパは家族が食べるごとに温め直せます。ニラだけは煮すぎるとクタっとなるので、その都度加えてください。 ニラの残り半束は4日目の献立で使います。 実は豆腐のジョンがお酒にすごく合うので、お父さんはビールのお供に、そしてクッパをシメにするのもおすすめです。

    2日目

    手羽元でコラーゲン、ビタミンミネラルで怪我の予防に

    まずお米を研いで水気をしっかり切っておきます。 ピクルスはたくさんの野菜を切るのが少し大変ですが、これを先に作ってしまえば、お肉料理にもお弁当にも大活躍であと一品に困りません。パプリカのヘタは3日目のスパニッシュオムレツに使いますので、捨てないでください。 お急ぎの時はピラフとスープだけでも、充実した食卓になると思います。

    3日目

    お魚の日は洋風で☆みんな大好きマヨクリーム味

    かぶとりんごのサラダはしばらく置いても味が馴染んで美味しいので、先に作るとよいでしょう。 フライパンを二つ使いますので、さわらをフライパンでソテーし、耐熱皿に入れる工程まであらかじめ進めておきます。ソースをかけて焼くのは最後の工程で。さわらを一人ずつグラタン皿に用意しておけば、それぞれが食べる時に焼くことができます。

    4日目

    豚ニラ炒めでがっつりご飯

    まずじゃこ天と小松菜の下ごしらえをし、卵でとじる前まで作っておきます。 厚揚げも油抜きが必要なら先にすませておきます。コチュジャン煮はスピード勝負なので最後に仕上げると良いです。 ピクルスは2日目のものを活用しています。

    5日目

    節約食材でも栄養バランスはしっかりご飯

    きゅうりと人参の酢のものは時間を置いた方が味が馴染むので、できれば早めに作っておきます。 さつまいもを水にさらすアク抜きも最初の工程で。 食べる時間がずれる場合、カニカマのあんかけは片栗粉を溶いて加える前まで作っておき、食べる量だけあんかけにすると熱々が食べられます。

    Yukiyo
    • Artist

    Yukiyo

    • アスリートフードマイスター

    子供が3人とも大学まで体育会に所属、私自身もフルマラソンサブ5の経験をもつスポーツ一家です。 怪我をしないために野菜たっぷり、たんぱく質しっかり、クエン酸も必ず摂るといった、栄養バランス重視のメニュー作りを考えてきました。 今では栄養面や身体作りのためだけでなく、おもてなしに出せるレベルにまで、華やかで心躍るような食卓を心掛けています。 そのために日々の献立だけでなく、まだ見たこともない国内外の食材や調味料を探求し、世界の美味しい料理をおうちでも簡単にできるレシピを考案しています。 どなたにも上手にお作りいただけるよう、丁寧でわかりやすいレシピを目指して書いています。 レシピを通して、料理を作る楽しさ、そして美味しさを共有させていただければ、光栄です。 大阪市在住

    「料理家」という働き方 Artist History