夏のみたらし

10

2018.08.16

分類デザート

調理時間: 10分

ID 337075

トコトコ

お家ご飯でおもてなし

夏バージョンのみたらし団子です。
冷やしても滑らか・やわやわの白玉団子のコツと、白濁しないタレのコツをお伝えします。

    材料4人分
    A
    白玉粉 100g
    A
    絹ごし豆腐 100〜120g
    A
    砂糖 5g
    B
    アガー 小さじ1
    B
    砂糖 大さじ4
    150ml
    醤油 大さじ2
    かき氷(無くてもOK) 適量
    練乳(無くてもOK) 適量
    作り方
    Point!
    白玉団子もタレも、あと1分!
    これが今日のレシピのキーワードです。
    あと1分時間をかけることで、白玉団子は滑らかでやわやわな仕上がりになります。
    タレはアガー使用で、冷やしても白濁しない夏バージョンのキラキラなタレです♪
    1. B

      アガー 小さじ1、砂糖 大さじ4

      はあらかじめ混ぜ合わせておく。
    2. 小鍋に、水・醤油・合わせたB

      アガー 小さじ1、砂糖 大さじ4

      を入れて混ぜ溶かす。
      溶けたら火を点ける。
    3. 常に混ぜながら加熱する。
      沸騰したら、そこからあと1分!加熱する。
      ゼラチンと違って、アガーの固める力はあと1分の加熱が必要です。
      粗熱を取って、冷蔵庫で冷やしておく。
    4. ボウルに、A

      白玉粉 100g、絹ごし豆腐 100〜120g、砂糖 5g

      を入れて捏ねます。
      豆腐の水分量には個体差があるので、まず100g加えて生地の様子を見て、固ければ足して下さい。
    5. 耳たぶほどの固さに滑らかにまとまったら、そこから更にあと1分!捏ねて下さい。
      この1分の捏ねで、つるんとした滑らかな口当たりの白玉団子が出来ます。
    6. 団子生地を棒状にして、20〜25等分ほどにカットしたら、丸めて中央を指で窪ませます。
    7. たっぷりの湯を沸かし、白玉団子を茹でます。
      全ての白玉団子が浮いてから、あと1分!茹でます。
      あと1分茹でることで、冷えても柔らかな白玉団子に仕上がります。
    8. 冷水に取って冷やします。
    9. 冷蔵庫で冷やしておいたタレを、軽くほぐします。
    10. 白玉団子の水気を、キッチンペーパーなどでとります。
    11. 冷えたタレと絡ませます。
    12. 器に練乳をかけたかき氷を盛り、タレに絡めた白玉団子を入れました。
      かき氷を崩しながら召し上がれ♪
      意外ですが、練乳氷との相性もいいんです👍
      かき氷なしで、ひんやり冷たいタレに絡めただけでも、もちろん美味しいです。
    7 46
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「アガー 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。