レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

15分・濃厚だけど後味さっぱり「なすとトマトのドライカレー」

主菜

15分・濃厚だけど後味さっぱり「なすとトマトのドライカレー」
  • 投稿日2019/05/23

  • 調理時間15

お気に入りに追加

185

時間がない時にも煮込み不要・フライパンひとつでできるドライカレーは、満足できるお役立ちメニューのひとつですよね♪濃厚だけどトマトベースで後味さっぱり胃もたれ知らずなので、朝カレーや遅めの夕食にもおすすめです。なすを半量にして玉ねぎの粗みじん切り1玉分を加えても同様にできるのでお好みでアレンジしてください。

材料4人分

  • 豚ひき肉
    300g
  • なす
    2本
  • A
    にんにくすりおろし
    小さじ1/2
  • A
    オリーブオイル
    大さじ1
  • B
    オールスパイス・ナツメグパウダー・パプリカパウダー
    各5振り
  • B
    (あれば)クミンパウダー
    3振り
  • B
    ひとつまみ
  • C
    あらごしトマト
    1パック(388g)
  • C
    お好みのカレールー
    120g
  • C
    50ml
  • 中濃ソース
    小さじ1/2

作り方

ポイント

※トマト缶を使用するときは、トマトを潰しながら煮込んでいきます。トマトの食感が残っても、それはそれでさっぱり感増しで◎。 ※使用するルーによって多少味の濃度が変わります。仕上げに味を見て濃い場合は水をほんの少しずつ足して仕上げてください。

  • ・なすは1.5〜2cmの角切りにします。(すぐに調理する際は、水晒し不要です。) ・カレールーは、細かく刻むかすりおろしておきます。

  • 1

    フライパンにA にんにくすりおろし小さじ1/2、オリーブオイル大さじ1を入れ中火にかけ、にんにくの香りが立ってきたら豚ひき肉・なすを入れ、ひき肉をほぐしながら炒めます。(3分程度)

    工程写真
  • 2

    ひき肉がほぐれ、火が通ってきたらB オールスパイス・ナツメグパウダー・パプリカパウダー各5振り、(あれば)クミンパウダー3振り、塩ひとつまみを振って、なすがしんなりするまで炒めます。(2〜3分程度)

    工程写真
  • 3

    2に、C あらごしトマト1パック(388g)、お好みのカレールー120g、水50mlを入れて混ぜながら弱〜中火で10分、途中混ぜながら煮込んで仕上げに中濃ソースを混ぜてできあがり。 ※スパイスや果物の入った中濃ソースはチャツネの代用として優秀です♪普段のカレーの仕上げにもほんの少し入れるとコクが出ますよ。

    工程写真
  • 4

    お好みで卵黄やチーズをかけてどうぞ♪ 【ドライカレーやオムレツに♪「キャロットライス」】→https://oceans-nadia.com/user/83829/recipe/375994 もご紹介しています。

    工程写真
レシピID

375997

「なす」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

奥山 まり
Artist

奥山 まり

身近な素材や調味料を使ってシンプルに、〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。 フードディレクターとして産地を巡り・新商品やリニューアル商品の開発・飲食店メニューの構築などに携わる中で、プロの現場の機材や調味料と家庭での調理の違いを肌に感じる日々。 「家庭だからこだわって作れるもの」「家庭だったらこう作るといいかも?」と、基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】とひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです。 乳がんサバイバー2年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始める君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

「料理家」という働き方 Artist History