レシピサイトNadia
    主菜

    塩麹でしっとり♪ささみチーズフライ(米粉)

    • 投稿日2020/03/02

    • 更新日2020/03/02

    • 調理時間20

    お気に入り

    76

    パサつきがちなささみ。 塩麴でしっとりとさせて、チーズを挟んでささみフライに。 玄米フレークを使うともともとカリッとしているので、テクニックなしでカリカリになります♪

    材料4人分

    • 鶏肉ささみ
      6本
    • 塩麴
      小さじ2
    • プロセスチーズ
      4個
    • 玄米フレーク
      適量
    • 米粉
      適量
    • A
      適量
    • 揚げ油
      適量

    作り方

    ポイント

    揚げるときは、色がつくまで衣がはがれやすいので、いじらないようにしてくださいね。 玄米フレーク→パン粉 米粉→小麦粉に代えて作れます。

    • ◆鶏肉ささみに筋があればとる。 ◆鶏肉ささみに塩麴をまぶし、10分置く。 ◆玄米フレークは、めん棒やフードプロセッサーで細かくしておく。 ◆米粉に米粉の半量程度の水を加えて、水溶き米粉を作る。粘度の目安は溶き卵くらい。 ◆プロセスチーズは。縦に4等分に切っておく。1本のささみにつき、切ったものを2本~3本使用する。

      工程写真
    • 1

      鶏肉ささみの腹の部分に包丁を入れて、観音開きにして、A 塩適量を振る。

    • 2

      プロセスチーズを挟み、ささみの形に戻す。

    • 3

      水溶き米粉、玄米フレークの順に衣をまぶす。

      工程写真
    • 4

      熱した揚げ油でカリッとするまで揚げる。

      工程写真
    レシピID

    387015

    質問

    作ってみた!

    こんな「チーズ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「ささみ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    中村りえ
    • Artist

    中村りえ

    米粉料理家・管理栄養士

    • 管理栄養士
    • キッズ食育Jr.トレーナー

    管理栄養士/米粉料理家 お米好き管理栄養士。東京農業大学卒業後、大手食品メーカーにて商品開発、健康セミナーの企画や広報に携わり、独立。レシピ開発、コラム執筆、セミナー講師、メディア出演など幅広く活躍中。家族の小麦アレルギーをきっかけに米粉に出会い、米粉のおいしさに魅了される。また、日本人の「米離れ」の深刻さについて学んだことから、米粉料理の良さを伝え、日本の米文化を守りたいと考え、米粉料理家として活動を行う。キッズ食育Jr.トレーナーの資格を保有。

    「料理家」という働き方 Artist History