レシピサイトNadia

    自家製きゅうりのキューちゃん

    副菜

    自家製きゅうりのキューちゃん

    お気に入り

    143

    • 投稿日2021/07/02

    • 調理時間10(漬け込み時間は含まず)

    子供の頃から慣れ親しんでいる”きゅうりのキューちゃん”も。う40年以上食べているでしょうか。(笑) 家でもお手軽に作れるので、レシピをご紹介します。 色々 調味料の配合をしたのですが、濃い味のものが多かったので、水で味を薄めさっぱり仕上げました。

    材料2人分

    • きゅうり
      2本
    • 小さじ1/2
    • A
      醤油
      70ml
    • A
      30ml
    • A
      大さじ1
    • A
      砂糖
      大さじ2~3(甘さはお好みで加減してください)
    • A
      生姜千切り
      15g
    • 唐辛子(輪切り)
      1/2本

    作り方

    ポイント

    ①酢の酸味、砂糖の甘さはお好みに加減して下さい。 ②辛い物が苦手な場合は唐辛子はいれなくても良いです。

    • きゅうりは1cmの輪切りにする。塩をふり、30分ほど置いて水を出し、余分な水分は切る。

    • 1

      鍋にA 醤油70ml、水30ml、酢大さじ1、砂糖大さじ2~3、生姜千切り15gをひと煮立ちさせたら、きゅうりを加え中火で温める。器に移し唐辛子(輪切り)を入れ、1~2日冷蔵庫で冷やして味を浸みこませる。

    • 2

      器に盛りつけて完成です。

    レシピID

    411398

    「きゅうり」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    野菜のおかず」「お弁当」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    くつろぎの食卓
    Artist

    くつろぎの食卓

    ♡糖尿病の家族の食事作りをしていたので、和食、あっさり系、野菜料理が得意です。 【経歴】 近畿大学法学部卒 大手コールセンターに22年間 勤務。在籍中にクックパッド【和風おかずコンテスト】での受賞を機に、スーパーのメニュー提案部門に転職。顧客向けのメニュー提案、商品PR、レシピ作成していました。 【料理歴】 4歳から祖母に料理を教わりました。母が子宮癌で闘病し、他界したのでで、13歳から家族に料理を作って37年になります。糖尿病の父のために栄養学や食事療法を学び、食事管理をしていました。 【くつろぎの食卓の由来】 主人、愛猫と食卓を囲み、くつろいで食事をする様子をハンドルネームにしました。 【食の資格】 食育コミュニケーター、食品衛生責任者、ベジタブル&フルーツアドバイザー、食育インストラクター、フォトスタイリング2級 【師事先】 ・レコール・ヴァンタン・キャリアカレッジ 調理&フードコーディネーター学科 受講 ・京都調理師専門学校内 料理教室「ラ・キャリエール」 京料理専科、イタリア・フレンチ専科で各講座 月1回×2年 受講

    「料理家」という働き方 Artist History