Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. やみつき♡白菜のうまたれ【#包丁不要 #無限 #簡単】

    やみつき♡白菜のうまたれ【#包丁不要 #無限 #簡単】 2分前

    180人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 野菜た~ぷりヘルシー♪フライパン1つで挽き肉チャプチェ♪

    野菜た~ぷりヘルシー♪フライパン1つで挽き肉チャプチェ♪ 2分前

    220人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ベーコンとマッシュルームのグラタンコロッケ

    はっとりみどりさんがレシピを投稿しました!2分前

  4. 本格味で濃厚!簡単にできる半生ガトーショコラ

    本格味で濃厚!簡単にできる半生ガトーショコラ 3分前

    135人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 長いもとソーセージの和風ジャーマン・ポテト

    長いもとソーセージの和風ジャーマン・ポテト 5分前

    105人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

野菜たっぷり!ヘルシー餃子

25
餃子の
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2017.08.15

分類主菜

調理時間: 25分

ID183723

楠みどり

フードコーディネーター、野菜ソムリエ

我が家の餃子は、お肉はほんの100ℊ程度で、あとは野菜をたっぷりと入れます。ヘルシーで軽い口当たりなので、パクパクといくつでも食べられてしまいます。家族みんなに好評の餃子です。

餃子 ニラ 長ネギ ヘルシー 豚ひき肉 焼き餃子 子供 ビールに合うおつまみ キャベツ

このレシピをブログで紹介する

材料4人分
豚ひき肉 100ℊ
キャベツ 1/4個
ニラ 1/4束
長ネギ 1/4本
生姜のすりおろし 少々
A
大さじ1
A
醤油 大さじ1
A
ごま油 大さじ1
A
砂糖 小さじ1
片栗粉 大さじ1/2
餃子の皮(市販) 25枚程度
作り方
Point!
キャベツの代わりに白菜でもOKです。蒸し焼きにした後に、しっかりと水分を飛ばし、サラダ油を加えて焼くことで香ばしくカリッと仕上がります。
  1. キャベツはみじん切りにしてボウルに入れ、塩少々(分量外)をふって手で混ぜ合わせる。10分ほどおいて水気が出たら、しっかりと水気を絞る。
    ニラ、長ネギはそれぞれみじん切りにする。
  2. ボウルに豚ひき肉と生姜のすりおろし、A

    酒 大さじ1、醤油 大さじ1、ごま油 大さじ1、砂糖 小さじ1

    を加えて粘りが出るまでしっかりと混ぜ合わせる。
  3. 2に1、片栗粉を加えて全体を混ぜ合わせる。
  4. 餃子の皮(市販)に3を大さじ1弱ほどのせ、餃子の皮のふちに薄く水を付けて包む。
  5. フライパンにサラダ油少々(分量外)をひいて中火で熱し、餃子を並べる。
    お湯を50㎖(分量外)ほど注いで蓋をして、やや強めの中火にして5分ほど蒸し焼きにする。
  6. 蓋を取り、水分が飛んだら鍋肌からサラダ油少々(分量外)を回し入れる。焼き色が付いたら皿に盛り付ける。醤油や酢、ラー油などお好みのタレを付けて頂く。
23 440
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】節約食材のレシピも!「京風割烹白だし」のレシピ集
    節約食材のレシピも!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  2. PR 【PR】生産者こだわりの季節の野菜がたくさん!大阪北部産野菜の簡単&美味しいレシピ特集
    生産者こだわりの季節の野菜がたくさん!大阪北部産野菜の簡単&美味しいレシピ特集 この特集を読む
  3. PR 【PR】冬のおもてなしを華やかに彩るクリスタルの輝き
    冬のおもてなしを華やかに彩るクリスタルの輝き この特集を読む
  4. PR 【PR】冬におすすめ!体を温める食材とお弁当にぴったりなおかず
    冬におすすめ!体を温める食材とお弁当にぴったりなおかず この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

ヘルシー×ピザ用チーズ (13) 子供×デルタインターナショナル (11) キャベツ×鶏団子 (3) ニラ×豚挽き肉 (3) ビールに合うおつまみ×温サラダ (3) 焼き餃子×肉 (3) 豚ひき肉×黒酢 (3) 長ネギ×魚料理 (3) 餃子×野菜のおつまみ (3)
もっと見る

「餃子 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents