レシピサイトNadia

    お弁当に!お花の卵焼き(かにかま&ねぎ)

    副菜

    お弁当に!お花の卵焼き(かにかま&ねぎ)

    お気に入り

    93

    • 投稿日2017/03/23

    • 調理時間10(冷ます時間を除く)

    簡単に出来るお花の卵焼き。お弁当が一気にかわいくなります。 かにかまの旨みで美味しさアップ! 片栗粉を加えるので、冷めてもしっとりです。

    材料2人分

    • 2個
    • A
      小さじ1/8
    • A
      砂糖
      小さじ1
    • A
      片栗粉
      小さじ1
    • A
      小さじ1
    • 細ねぎのみじん切り
      3本分(10g)
    • 一正サラダスティック(かにかま)
      4本
    • なたね油
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    片栗粉を入れることで、生地がしっかりして焼きやすく、また、冷めてもしっとり美味しい卵焼きになります。 輪ゴムは、竹串が良い具合にくい込むように、きつめに止めてください。

    • 1

      ボウルにA 塩小さじ1/8、砂糖小さじ1、片栗粉小さじ1、水小さじ1を入れて混ぜ、片栗粉を溶かす。 そこへ卵を割入れ、よく混ぜ、細ねぎのみじん切りも加える。

    • 2

      フライパンになたね油を入れて中火にかけ、1を半量流し入れる。 一正サラダスティック(かにかま)を2本ずつ重ね、手前の方に並べる。

      工程写真
    • 3

      手前からくるくる巻き、空いたところに、残りの1を流し入れ、同様に巻いて焼きあげる。

      工程写真
    • 4

      あついうちにアルミホイルで包む。 竹串5本をだいたい等間隔に当てて、両端を輪ゴムできつく止める。 あら熱が取れるまでしばらくおき、跡を付ける。

      工程写真
    レシピID

    147217

    「ネギ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    卵焼き」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    河埜 玲子
    Artist

    河埜 玲子

    医師・料理家・日本キッズ食育協会医学アドバイザー・キッズ食育マスタートレーナー。11歳の娘を持つ医師。 「家庭のキッチンで出来る病気予防」をテーマに、忙しくても実現可能な簡単・美味しい健康レシピを提案。食の観点から予防医学を家庭に広げていきたいと思っている。 また、子どものうちに正しい食の知識を身につけることが、将来の健康に非常に重要だということから、子どもの食育を広げる活動も行っている。 子育てをしながら仕事を続ける自らの経験をもとに、 忙しくても、子どもに栄養満点で手作りのお料理を食べさせてあげたいという願いを叶える、栄養バランスが取れる時短・作り置きレシピを発信。 著書 「医師が教える 一品で栄養バランスが取れるレシピ」(SBクリエイティブ)。

    「料理家」という働き方 Artist History