レシピサイトNadia

    お花見のちぎりパンのメンチカツ弁当♪

    主食

    お花見のちぎりパンのメンチカツ弁当♪

    お気に入り

    6

    • 投稿日2016/03/15

    • 更新日2016/03/15

    • 調理時間60

    子供が幼稚園のときに友人とお花見をしたときのトンカツの代わりに作ったメンチとんかつサンドです。 お子さまにも食べやすいように作りました。 大人でも美味しく頂けるのでおすすめです。 お花見はビールとともに如何でしょうか。

    材料3人分パン22センチ角型1台分 (約350g分)

    • A
      豚ひき肉
      250g
    • A
      玉ねぎ(みじん切り)
      1/4個
    • A
      おろしニンニク
      小さじ2
    • A
      おろし生姜
      小さじ1
    • A
      ヤマサ醤油
      大さじ1.5
    • A
      トンカツソース
      大さじ1.5
    • A
      トマトケチャップ
      大さじ1.5
    • A
      ブラウンシュガー
      小さじ2
    • 薄力粉
      適量
    • 溶き卵
      適量
    • パン粉
      適量
    • サラダ油
      適量
    • お好みのパン
      適量
    • 紫キャベツ
      適量(千切り)
    • プリーツレタス
      適量

    作り方

    ポイント

    ひき肉の中に味を染み込ませましたが、お子様には薄く感じるかと思います。 サンドイッチに挟む前にソースを適宜かけてサンドしてもOKです。

    • お好みのパンを縦長に4枚スライス(厚さ1.5センチ位)する。(今回使ったパンは自家製ですが、市販の食パンでも、ハンバーガー用バンズでもOKです)

    • 1

      ボウルにA 豚ひき肉250g、玉ねぎ(みじん切り)1/4個、おろしニンニク小さじ2、おろし生姜小さじ1、ヤマサ醤油大さじ1.5、トンカツソース大さじ1.5、トマトケチャップ大さじ1.5、ブラウンシュガー小さじ2を入れて手で混ぜる。

    • 2

      6等分にして、パンと同じ厚みで大きさはパンより少し小さめに丸く形作り、薄力粉をまぶし溶き卵にくぐらせ、パン粉をつける。

    • 3

      180度に熱したサラダ油に入れて、周りの色が少し変わってきたらひっくり返し全体がきつね色になるまでカラリと揚げる。 (薄いので両面で5分ぐらいで揚がります)

    • 4

      パンにバターを薄く塗る。 紫キャベツの千切り、プリーツレタスをちぎったものを並べる。

    • 5

      3のメンチカツを6個並べて挟む。

    • 6

      長方形の笊にクッキングシートを敷いて盛り付ける。 みんなでちぎりながら食べれます♪ お好みですが、お子様にはトンカツソースを少しメンチカツにかけると良いです。

    レシピID

    136832

    「パン」の基礎

    「玉ねぎ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    吉村ルネ
    Artist

    吉村ルネ

    低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング/出汁料理家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々のグランプリ100以上を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

    「料理家」という働き方 Artist History