レシピサイトNadia
    主食

    ビーツソースのトマトスパゲッティ

    • 投稿日2016/04/07

    • 更新日2016/04/07

    • 調理時間40

    ビーツをトマトソースのようにしてパスタのソースに仕上げてみました。 ビーツの甘味がトマトとマッチします。ソースでも半分ブレンダーでソースにし食べ応えもあります。大変美味しいのでおすすめです。

    材料3人分

    • ビーツ
      300g(約3玉)
    • 紫玉ねぎ
      1個(約100g)
    • ローマトマト
      4個(約300g)
    • にんにく
      1片
    • オリーブ油
      大さじ2
    • A
      赤ワイン
      大さじ3
    • A
      ローリエ
      1枚
    • A
      シナモンスティック
      1本
    • A
      ナツメグ(すりおろす)
      少々
    • A
      スターアニス
      1個
    • 塩(ローズソルト使用)
      小さじ1
    • コンソメ顆粒
      小さじ1弱
    • バジルの葉
      適量
    • スパゲッティ
      240~300g
    • 粉チーズ
      適量(パルメジャーノ)
    • 炒めたハラペーニョ
      1本
    • カッテージチーズ
      適宜

    作り方

    ポイント

    バジルの葉はお好みでみじん切りにしてもいいし、葉をそのまま投入してもよい。 今回は収穫が最後のほうなので葉のまま入れました。 牛の細切れ、シチュー用または鶏、ポークを入れても美味しくいただけます。

    • 1

      ビーツの皮は薄くむいて、1.5~2センチくらいの乱切りにする。紫玉ねぎも同様にして切る。 ローマトマトは8等分のくし形に切り、さらに半分に切る。 にんにくはつぶす。

    • 2

      鍋に1、オリーブ油を入れて中火にかける。 熱が通ってきたら絶えず炒め、2分ほど炒めたらA 赤ワイン大さじ3、ローリエ1枚、シナモンスティック1本、ナツメグ(すりおろす)少々、スターアニス1個を入れて、ふたを閉めて弱火で20分加熱する。

    • 3

      ビーツが柔らかくなったら、スパイス類を取り出し、半分をブレンダーに入れてピューレし、残りと混ぜる。 塩(ローズソルト使用)、コンソメ顆粒で味をととのえ、バジルの葉を入れ混ぜる。

    • 4

      アルデンテに茹でたスパゲッティをお皿にのせ、3のソースをかける。 輪切りにし炒めたハラペーニョをのせ、粉チーズを好きなだけかける。 お好みでカッテージチーズをかけて熱々を頂きます。

    レシピID

    137046

    質問

    作ってみた!

    こんな「トマト系パスタ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「にんにく」の基礎

    「スパゲッティ」の基礎

    「パスタ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    Rune吉村ルネ
    • Artist

    Rune吉村ルネ

    エイジングケア料理家

    • フードコーディネーター

    エイジングケア料理家  多忙な毎日を過ごしながら夫と自分の健康を考える健康ヲタレシピ。 企業と食の仕事を両立させ、多忙な毎日を送る。 病気にさせない、ならないレシピを考えて30年。 家族構成は成人した子供二人が独立し夫と二人暮らし。 2016年FOODISE(旧タベラッテ)からこちらに移籍。この年のレシピを確認してますが理解不明な箇所が見つかりましたらご一報下さると嬉しいです。 減体脂肪、健康、簡単料理をモットー ✨減体脂肪で体調改善 ✨病気知らずの簡単レシピ ✨レモンやフルーツで健康に 簡単だから心穏やかに作れてダイエットに繋がる! 📸レシピ開発と料理撮影 ❇️雑誌ネット媒体掲載多数  ・海外生活30年🇺🇸🇪🇸 ・現在🇯🇵 ■プロフィール詳細 https://bio.site/U6vN7o ------------------- 自己紹介 ------------------- NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々のグランプリ100以上を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 ユーザーに支持されている企業の時短ローカーボ100レシピを共同で開発し、撮影にも携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れる健康レシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。

    「料理家」という働き方 Artist History