レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

時短5分サラダチキン♪シットリ和風サラダチキンの冷やし中華

主食

時短5分サラダチキン♪シットリ和風サラダチキンの冷やし中華
  • 投稿日2021/05/28

  • 調理時間10(漬け込む時間は省く。)

電子レンジで簡単に作れる和風味のサラダチキンです。 鶏むね肉は筋肉量を増やしながらダイエットするに当たり欠かせないたんぱく源です。また、脂質に含まれている脂肪酸はエネルギー源になる飽和脂肪酸と、コレステロールを減少させる不飽和脂肪酸には、これら2種類の脂肪酸がバランスよく含まれています。 また、ビタミンB6は身体の酵素を助けて代謝を促進する役割を持っています。 麺に含まれている糖質が気になる方にも糖質量を記載しましたので、普通麺でもコンニャク麺のどちらでも、その日に合った食事をされて下さい。

材料2人分

  • 鶏むね肉
    310~350g
  • A
    しょう油
    大さじ1.5
  • A
    てんさいオリゴ糖
    大さじ1
  • A
    紹興酒または日本酒
    大さじ1
  • A
    みりん
    大さじ1
  • A
    生姜すりおろし
    大さじ1
  • A
    ニンニクすりおろし
    大さじ1
  • 中華麺(または低糖質コンニャク麺)
    150g
  • B
    しょう油
    大さじ3
  • B
    大さじ3
  • B
    てんさいオリゴ糖
    大さじ2
  • B
    カップ2
  • B
    鶏ガラスープ顆粒
    小さじ1
  • ミニトマト
    6個
  • サラダ菜
    50g

作り方

ポイント

鶏のむね肉は丁寧に下処理をすると仕上がりが奇麗で美味しそうになります。 栄養価は麺を抜いて表記しました。 2種類の麺を参考にされて、混ぜても良いですし、お好きな食べ方で食べて下さい。 ▶麺を抜いた栄養価 総カロリー296kcal タンパク質 38.88g 脂質 2.7g 炭水化物 23.17g 糖質 23.14g ※上記の栄養価にプラスして下さい。 ▶コンニャク麺 (1人分の栄養価) 総カロリー22kcal タンパク質 1.0g 脂質 1.5g 炭水化物 7.0g 糖質 0.4g ▶茹で中華麺100gあたり (1人分の栄養価) 総カロリー149kcal タンパク質 4.9g 脂質 0.6g 炭水化物 29.2g 糖質※ 27.9g 【鶏むね肉の電子レンジによる加熱時間】 ・250~300g 電子レンジ(返す時間を含む)=4分 作り方の工程2へ。 ・301~350g 電子レンジ(返す時間を含む)=5分 3分加熱、返して2分加熱、計5分

  • 鶏むね肉の皮を剥ぎ取り、筋や脂を取り除く。 フォークで数ヶ所刺す。 耐熱性のポリ袋に入れて紹興酒を投入し揉み込む。 A しょう油大さじ1.5、てんさいオリゴ糖大さじ1、紹興酒または日本酒大さじ1、みりん大さじ1、生姜すりおろし大さじ1、ニンニクすりおろし大さじ1の材料を混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 1

    20分以上冷蔵庫の中でマリネする。 冷蔵庫から取り出したら、ポリ袋の口を外し、耐熱皿にのせて600wの電子レンジで2分加熱。 ポリ袋のままひっくり返し2分加熱する。 (電子レンジで計4分加熱する。)

  • 2

    あら熱が取れたらスライスしていただく。 保存する場合は、ポリ袋を再び結んで冷蔵庫で1週間は保存可能です。

    工程写真
  • 3

    ・中華麺(または低糖質コンニャク麺)を茹でる。 ・普通の中華麺は袋に作り方に沿って茹でる。 コンニャク中華麺の場合は、沸騰した湯の中で3分間茹でてザルにあけ、冷水で洗いザルにあけて水気を切る。

    工程写真
  • 4

    B しょう油大さじ3、酢大さじ3、てんさいオリゴ糖大さじ2、水カップ2、鶏ガラスープ顆粒小さじ1の合わせ調味料をかけ、スライスしたチャーシュー鶏むね肉ときゅうりの千切り、サラダ菜、ミニトマトを添える。

    工程写真
レシピID

412790

「鶏むね肉」の基礎

「にんにく」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

サラダチキン」「冷麺」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History