レシピサイトNadia

    調味料なしでうまうま♡『じゃがいもと塩昆布のガレット』

    副菜

    調味料なしでうまうま♡『じゃがいもと塩昆布のガレット』

    お気に入り

    53

    • 投稿日2019/04/03

    • 更新日2019/04/03

    • 調理時間15

    見た目はともかく、味は間違いなくおいしい塩昆布のガレット。 調味料なしでも、塩昆布がいい仕事してくれます。 ちょっぴりカロリーは高くなりますが、仕上げにひとかけのバターを溶かしてあげるとよりおいしくなります。

    材料2人分

    • 新じゃがいも
      2個(約300g)(普通のじゃがいもでもOK)
    • 塩昆布
      50g
    • オリーブオイル
      大さじ2

    作り方

    ポイント

    ■火力が弱すぎると色が付かず、じゃがいもだけやわらかくなってしまいます。中火から強火で加減しながらさーっと焼いましょう! ■塩昆布の量で味が決まります。塩気が強いのが好きな方は多めにどうぞ。 ■バターの有塩無塩もお好みで選んでくださいね。 ■焼きながら推すことで、形作ります。へらでしっかりと押せば焼き色がきれいにつきますよ。

    • 1

      新じゃがいもは皮をむき(薄くて気にならなければ向かなくてもOKです)、千切りにします。 太すぎると火が通りにくく、細すぎると食感がよくないので2ミリ~がベストです。 塩昆布を加えて全体をざっくりと混ぜ合わせます。 【じゃがいもは水にさらしません】

      工程写真
    • 2

      オリーブオイル大さじ1杯を敷いたフライパンに伸ばし、形を整えてへらで押しながら中火で5分ほど焼きます。 香ばしい焼き色が付いたら裏返し、残りのオリーブオイルを入れてさらに焼きます(皿を使うと形を崩さずに裏返せます)

      工程写真
    • 3

      再度裏返して、初めに焼いた方を1~2分焼いてカリッとさせます。 万能ねぎを散らすと彩り豊かに。味付けなしでおいしくいただけます。

      工程写真
    レシピID

    374261

    「じゃがいも」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「ガレット」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History