レシピサイトNadia

    【ごはんががっつり食べたい!】小松菜と厚揚げのオイスター炒め

    主菜

    【ごはんががっつり食べたい!】小松菜と厚揚げのオイスター炒め

    お気に入り

    395

    • 投稿日2019/05/02

    • 調理時間15

    どんな炒め物もおいしくしてくれる、オイスターソースを使った簡単な炒め物です。材料を切ったらあとはザーッと炒めていくだけなので、本当に簡単です。お肉も火が通りやすい豚バラ肉を使っていますが、こま肉やしゃぶしゃぶなどお好みでどうぞ♡ 汁が多いのは、個人的にごはんにかけて食べたいからです。仕上げのとろみ付けはお好みでどうぞ。写真はあえてとろみをつけていません。

    材料2人分

    • 小松菜
      1わ(約200g)
    • 厚揚げ
      1枚(約150g)
    • 豚バラ肉
      100g
    • A
      砂糖
      大さじ1
    • A
      醤油
      大さじ1ぶ
    • A
      オイスターソース
      大さじ2
    • A
      大さじ1
    • A
      鶏がらスープの素(顆粒)
      小さじ1/2
    • 水溶き片栗粉
      適量(片栗粉と水同量)
    • 塩こしょう
      少々
    • ごま油
      大さじ1
    • ごま油(仕上げ用)
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ■小松菜は葉と茎を分けて入れるとシャキシャキ食感が残ります。 ■豚バラ肉、豚こま肉、しゃぶしゃぶ用などお好みの肉で作ってみてくださいね。

    • ■小松菜は5㎝のざく切り、厚揚げと豚バラ肉は食べやすい大きさにカットします。

    • 1

      フライパンにごま油を敷き、豚バラ肉の色が変わるまで中火で炒めます。 厚揚げを加え、表面がうっすらきつね色になるまで炒め、塩こしょうをします。

      工程写真
    • 2

      小松菜の茎を加えてサッと炒め、続いて刃の部分とA 砂糖大さじ1、醤油大さじ1ぶ、オイスターソース大さじ2、酒大さじ1、鶏がらスープの素(顆粒)小さじ1/2を加えて全体に炒め合わせます。 仕上げに水溶き片栗粉で軽くとろみをつけ、ごま油(仕上げ用)を垂らして完成です。

    レシピID

    375283

    「厚揚げ」の基礎

    「小松菜」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History