メカジキのムニエルとパセリご飯

15

2019.04.13

分類主菜

調理時間: 15分

ID 374676

越智 美恵子

おいしい洋風惣菜レシピ

ムニエルはフランス料理の魚の代表的な調理法で、小麦粉などをまぶしてバターで両面焼きます。バターをせっかく使うので、使わせの野菜をバターと醤油で味付けして洋食屋さん風にしました。パセリはにおいが苦手な方も多いと思いますが、私は癖のあるこのにおいと苦みが好きでよく食べます。ビタミンやミネラルは豊富ですが、食べすぎは毒のようです。

    材料2人分
    メカジキ切り身 2切
    パプリカ 1/4個
    セロリ 1/4本
    しめじ 30g
    有塩バター 10g
    しょうゆ 小さじ1/2
    少々
    こしょう 少々
    A
    白米 150g
    A
    有塩バター 10g
    A
    パセリ お好みで
    作り方
    Point!
    メカジキはたんぱくな味なので、バターなどでコクを足しておいしくいただけます。銀鮭や鰆など旬な白身の魚でアレンジできます。パセリは買うと量が多いのですが刻んで冷凍しておけば、スープの浮き身やソースの彩などに使えるので便利です。
    1. パプリカ、セロリ、しめじは千切りにし、中火で炒め最後に有塩バターの半量としょうゆは香りづけ程度にいれ火を止める。
    2. メカジキ切り身に塩、こしょうを振り1~2分置いたら水分を軽くふきとったら、小麦粉を両面にはたいて中火のフライパンで両面焼く。表面に焼き色がついたら、残りの有塩バターを加え火を止める。
    3. 白米が熱いうちにA

      白米 150g、有塩バター 10g、パセリ お好みで

      を混ぜ合わせる。
    3 66
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「めかじき 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。