レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

高野豆腐と干し椎茸の含め煮

副菜

高野豆腐と干し椎茸の含め煮
  • 投稿日2015/10/04

  • 調理時間15(乾物の戻し時間除く)

しみじみおいしい和風の定番おかず。噛みしめるたび味わい深い高野豆腐と、旨みたっぷりの干し椎茸。シンプルだけれど、やっぱり飽きのこないおいしさです。

材料6人分

  • 高野豆腐
    6個
  • 干し椎茸
    10枚
  • A
    水+干し椎茸の戻し汁
    合わせて3カップ
  • A
    きび糖
    大さじ2
  • A
    みりん
    大さじ2
  • A
    薄口醤油
    大さじ2
  • A
    ふたつまみ

作り方

ポイント

◆高野豆腐は、特に指定が無い場合、80度くらいのお湯につけて戻し、流水をかけて冷ましながら濁った汁が出なくなるまで数回軽くしぼります。 ◆そのまま冷まして味を含ませるとよりおいしくいただけます。

  • 干し椎茸は水にひたして一晩おいて戻しておく。

  • 1

    高野豆腐は袋の表示通りに戻し(◆下記レシピのポイント参照)、食べやすく切る。 干し椎茸は水けをしぼり、石突を取って食べやすく切る。

    工程写真
  • 2

    鍋にA 水+干し椎茸の戻し汁合わせて3カップ、きび糖大さじ2、みりん大さじ2、薄口醤油大さじ2、塩ふたつまみと干し椎茸を入れて火にかける。

    工程写真
  • 3

    煮立ったら高野豆腐を入れ、少しずらすように蓋をしたまま弱火で10分ほど煮る。

    工程写真
レシピID

132085

「干し椎茸」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専攻し、現地へ留学。結婚をはさんで数年を過ごすなか、生活のベースとしての「食」の大切さを改めて感じて食の道へ。その土地ごとの暮らし・風土からうまれる料理や食のありかたを学ぶ。 現在は、料理家として企業向けレシピの開発やスタイリング・撮影を手がけるほか、食に関する書籍・コラムの執筆や翻訳、講演など多方面で活動中。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、EU食材×日本食材のマッチングによる季節のオリジナルレシピを開発・監修。広尾のヨーロッパハウス(駐日欧州連合代表部)、国内最大の”食”の見本市・ファベックス関西ほか会場で、同キャンペーンの基調講演をおこなった。

「料理家」という働き方 Artist History