食材2つおかず*ブロッコリーとベーコンのコンソメカレー炒め*

10

2021.01.14

分類主菜

調理時間: 10分

ID 404366

モモ

31歳OL料理家の日常ごはん

ブロッコリーによく染み込んだコンソメカレー味と、ベーコンの塩気がご飯によく合う一品です♪
濃厚なコンソメとスパイシーなカレー粉は、ブロッコリーにぴったりの洋風旨辛コンビ★
ピリリと後ひく仕上がりで、ブロッコリーがペロリと食べられる野菜おかずです。
食材二つ・下茹ではレンジでOK◎そんな手軽さも嬉しい一品^^
お弁当や作り置きにも活躍します。

.+●レシピのコバナシ●+.
ブロッコリー×ベーコンは中華だしで味付けすることが多かったのですが、王道の洋風もやっぱり外せないおいしさです(≧∀≦)
カレー粉が加わることで、やみつき度がグーーンとUPするなぁと思います*

野菜のおかず 電子レンジ フライパン 野菜 もう一品のおかず・小鉢 時短 野菜のおかず 節約 簡単レシピ カレー風味 スパイシー お弁当 ベーコン やみつき ブロッコリー 野菜のおつまみ 簡単 電子レンジ ピリ辛 作り置き ヘルシー コンソメ顆粒 コンソメ オリーブオイル おつまみ フライパン ご飯に合う 簡単おつまみ

このレシピをサイトに埋め込む

材料2人分
ブロッコリー 1株(茎を切り落とす前は320g・茎を切り落とした後(=調理に使う部分)は210gになります。)
ベーコン 4枚(約35g〜40g)
コンソメ(顆粒) 小さじ1と1/2
カレー粉 小さじ1/2〜
オリーブオイル(サラダ油でも可) 大さじ1
作り方
Point!
カレー粉は小さじ1/2だとほんのりスパイシー、小さじ1だとしっかり辛みを感じます。お好みで調整して下さい。
また、仕上げにパルメザンチーズを振ると、ミルク感がプラスされ、リッチ&マイルドな味わいになります。
  1. ブロッコリーを洗う。ボウルに水を入れて房を漬け、ゆするようにすると、花蕾の隙間も洗いやすい。
  2. ブロッコリーの茎を切り落とし、房を一口大に切る。
  3. 耐熱皿に並べて水大さじ2(分量外)をまわしかけ、ラップをかける。レンジ500Wで4分間加熱し、水気を切る。
    ※蒸気が熱いので気をつけて下さい。
  4. ベーコンを1cm幅に切り、オリーブオイル(サラダ油でも可)を引いたフライパンで炒める。ベーコンが縮み始めてきたら火を止める。
  5. ブロッコリーを入れ、コンソメ(顆粒)・カレー粉をまぶすように加える。中火にかけ、調味料が行き渡るよう混ぜながら炒め、ベーコンに焼き色がついたら火を止める。
1 61
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    似たレシピをさがす Similar Recipe

    簡単×ナポリタン (46) ヘルシー×ドライバジル (28) 時短×削り節 (27) フライパン×香味だれ (20) おつまみ×雪平鍋 (15) 簡単レシピ×ピカタ (15) お弁当×献立 (12) 作り置き×ホワイトソース (11) 節約×茶碗蒸し (7) オリーブオイル×スープ煮 (6) 野菜×もち麦 (6) 電子レンジ×節約料理 (6) 野菜のおかず×ラウンドパン (5) ご飯に合う×黒糖 (3) もう一品のおかず・小鉢×黒ごま (3) やみつき×鶏料理 (3) カレー風味×鶏肉のおかず (3) コンソメ×麹 (3) コンソメ顆粒×黒こしょう (3) スパイシー×黒糖 (3) ピリ辛×鍋料理 (3) ブロッコリー×黒豆 (3) ベーコン×鶏ひき肉 (3) 簡単おつまみ×黒オリーブ (3) 野菜のおつまみ×鶏胸肉 (3)
    もっと見る

    「ブロッコリー 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは