レシピサイトNadia

    | 簡単おかず | しっとりチキン南蛮・和風卵ソース

    主菜

    | 簡単おかず | しっとりチキン南蛮・和風卵ソース

    お気に入り

    70

    • 投稿日2022/11/14

    • 調理時間20

    母がお弁当によく作ってくれた豚肉を卵に絡めて揚げた名もなき料理が私は大好きで。 揚げ衣は厚くなく、豚肉も柔らかくて美味しい名もなき母の料理をヒントに息子たちの好きなチキン南蛮で作って見たところ、これが家族に好評。今では我が家の定番です。 濃いめの漬けたれがキャベツと卵ソースによく合い美味しいですよ。 胸肉を使っているので火の通りも早く時短にもなりヘルシーなので受験生の夜ご飯にもお弁当にもおすすめです。

    材料4人分

    • 鶏胸肉
      2枚
    • キャベツ
      250g
    • 玉ねぎ
      50g
    • 小葱
      3本
    • ゆで卵
      Lサイズ 2個
    • 水切りヨーグルト
      大さじ 2(市販の代用可)
    • ミニトマト
      8個
    • Lサイズ 2個
    • A
      小麦粉
      大さじ 2
    • A
      片栗粉
      大さじ 2
    • B
      しょうゆ
      大さじ 4
    • B
      米酢
      大さじ 4
    • B
      てんさい糖
      大さじ 3
    • C
      ガラスープの素
      小さじ 1(化学調味料無添加)
    • C
      てんさい糖
      ふたつまみ
    • C
      粗塩
      ひとつまみ
    • サラダ油
      適量

    作り方

    ポイント

    ・下準備をしっかりしておくことで工程が多い作業もスムーズに進められます。 ・キャベツは冷たい水に放しシャキッとさせ水気をしっかりきると美味しいです。 ・卵ソースに使う水切りヨーグルトは市販品を使うと手間が省け無駄がなくおすすめです。

    • ・キャベツは千切りにて、冷たい水を入れたボウルに放しシャキッとさせてからザルにあけ水をきる。 ・小葱は小口切りにする。 ・玉ねぎはみじん切りにしボウルに入れ水にさらす。 ・A 小麦粉大さじ 2、片栗粉大さじ 2を菜箸で混ぜ目の細かいザルでふるう。 ・B しょうゆ大さじ 4、米酢大さじ 4、てんさい糖大さじ 3を小さめのボウルに入れ混ぜる。

    • 1

      鶏胸肉の筋や余分な脂を取り除き筋に沿って半分に切る。

      工程写真
    • 2

      鶏胸肉の半分を横にして1.5cmくらいの厚さにそぎ切りにする。

      工程写真
    • 3

      ・卵をボウルに入れ菜箸で溶く。 ・フライパンに底から1cmくらいの高さまでサラダ油を入れて火にかけ中温にする。 鶏胸肉をA 小麦粉大さじ 2、片栗粉大さじ 2にまぶし溶いた卵にくぐらせフライパンに入れ揚げる。

      工程写真
    • 4

      片面2分ずつ揚げ網にあげ、油をきる。

      工程写真
    • 5

      揚げた鶏肉が熱いうちにB しょうゆ大さじ 4、米酢大さじ 4、てんさい糖大さじ 3に絡ませバットに入れる(味をなじませる)。

      工程写真
    • 6

      【卵ソースを作る】 ボウルにゆで卵を入れマッシャーなどで粗くつぶす。

      工程写真
    • 7

      玉ねぎはふきんやペーパータオルで水気を絞る。

      工程写真
    • 8

      水切りヨーグルト、絞った玉ねぎ、小葱、C ガラスープの素小さじ 1、てんさい糖ふたつまみ、粗塩ひとつまみを入れよく混ぜる。

      工程写真
    • 9

      ・鶏肉をもう一度B しょうゆ大さじ 4、米酢大さじ 4、てんさい糖大さじ 3にくぐらせ器に盛る(漬けだれが鶏肉によく絡む)。 ・キャベツ、ミニトマトを添え、最後に卵ソースを鶏肉にかける。

    レシピID

    448431

    「鶏むね肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    森口 ゆり子
    Artist

    森口 ゆり子

    フードコーディネーター/料理家 夫、小学生の息子2人の4人家族。 食べ継がれてきた家庭料理を基本に、食養生の考えを取り入れ、旬の食材や農産物を使った体にやさしく作りやすいレシピを心がけています。 【資格】 FCAJ認定フードコーディネーター3級 食生活アドバイザー 発酵食品ソムリエ

    「料理家」という働き方 Artist History