低温調理で簡単作り置き☆照り焼きクリスマスチキン

15

2020.12.14

分類主菜

調理時間: 15分(低温調理時間は省く)

ID 403043

こいけかおる

身体を整える美味しい♪お家ごはん

真空の状態で低温で長時間加熱する方法を真空低温調理といいます。低温調理は、低温で加熱する事で素材の旨味を封じ込め、柔らかくジューシーな食感に仕上がる調理法です。炊飯器の保温機能を使うので、とても手軽です。冷蔵庫で2~3日保存し、食べる直前に仕上げれば良いので、パーティ等ではとても便利です。

    材料(1本分)
    鶏モモ骨付き肉 1本
    A
    醤油 大さじ2
    A
    はちみつ 大さじ2
    A
    しょうが汁 小さじ1
    作り方
    Point!
    *ジップ袋は耐熱温度を確認し、100度以上の耐熱用の袋を使ってください。
    *耐熱用リードプチ圧力調理バックは耐熱温度が130度です。吹き出し口が破れやすいので、ご注意ください。
    *1度に炊飯器に入るのは2本までとし、1本ずつジップ付き袋にいれてください。
    *骨付き肉は大きさもまちまちですが小ぶりのものだと袋に入れて空気を抜きやすく、扱いやすいです。
    *炊飯器に入れる時、関節を曲げて形を整えて置いてください。
    *複数本作る場合、保温中2~3回位置を変えてください。
    *袋から取り出す時は、皮が柔らかいので丁寧に扱ってください。
    *煮詰め過ぎて焦げない様にご注意ください。
    1. 耐熱用ジップ袋を用意する。
      鶏モモ骨付き肉はお湯で洗って水気を拭いておく。(酸化した脂、臭みを洗い落す)厚みがある時は裏に切り目を入れて開く。
    2. ジップ付き袋にA

      醤油 大さじ2、はちみつ 大さじ2、しょうが汁 小さじ1

      を加えてよく混ぜ、鶏モモ骨付き肉を入れ、水を張ったボウルに袋ごと入れて、水圧で空気を抜いて密封する。
    3. 炊飯器に入れて熱湯を注ぎ、保温モードで4時間保温する。

      *作り置きする場合は粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する。
    4. フライパンに汁ごと加えて、弱めの中火でテリテリに照りつける。

      *冷蔵庫保存した鶏肉は、湯煎にかけて中まで温めてから、フライパンで煮含める。
    2 89
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「低温調理 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。