レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【作り置きOK】鶏むね肉と玉ねぎのさっぱりマリネ

主菜

【作り置きOK】鶏むね肉と玉ねぎのさっぱりマリネ
  • 投稿日2021/06/20

  • 調理時間15

お気に入りに追加

190

食欲のない日でもさっぱり食べれる 鶏むね肉のマリネ。 タンパク質が豊富で低カロリーな鶏むね肉ですがパサつきやすいのが難点。 でも、さっぱり南蛮ダレに漬け込むので、 お酢の効果でお肉がしっとり仕上がります! 作り置きもOK。 お弁当にもおすすめです。 (お弁当には汁気をきって詰めてください) あればハーブを加えて漬け込んでおくと 風味がアップしてさらに美味しくなりますよ。

材料4人分

  • 鶏むね肉
    1枚
  • A
    小さじ1
  • A
    小さじ1
  • A
    少々
  • B
    粉(米粉または小麦粉)
    小さじ1
  • B
    片栗粉
    小さじ1
  • 油(焼く用)
    大さじ1
  • 玉ねぎ
    1個
  • 小さじ1
  • C
    大さじ3
  • C
    麺つゆ(2倍濃縮)
    大さじ3
  • C
    大さじ3
  • C
    砂糖
    小さじ1
  • C
    唐辛子
    1/2本
  • D
    岩塩(仕上げ用)
    少々
  • D
    ドライハーブ(仕上げ用)
    少々

作り方

ポイント

鶏むね肉を切るときは、できるだけ薄くそぐように切ると漬け込んだ時によく味がしみこみます。 まぶす粉は米粉や小麦粉などの粉類と片栗粉を半々の割合でまぶすことで お肉がよりしっとり仕上がり、タレの絡みもよくなります。 唐辛子の量は、食べる人に合わせて加減して加え、辛さを調節してください。 (漬け込む時間が長いほど少量の唐辛子でも辛みを後から感じます)

  • 鶏むね肉は皮と余分な脂を取り除いてそぎ切りにし、A 酒小さじ1、酢小さじ1、塩少々をもみこんでおく。

    工程写真
  • 1

    玉ねぎは薄切りにして耐熱ボウルに入れ油をからめレンジ600Wで3分ほど加熱して柔らかくする。

    工程写真
  • 2

    C 酢大さじ3、麺つゆ(2倍濃縮)大さじ3、水大さじ3、砂糖小さじ1、唐辛子1/2本を合わせてレンジ600Wで1分加熱する。 (砂糖が溶ければOK)

    工程写真
  • 3

    平たい保存容器に加熱した玉ねぎとタレを入れておく。

    工程写真
  • 4

    下味をつけた鶏むね肉にB 粉(米粉または小麦粉)小さじ1、片栗粉小さじ1をまぶす。

    工程写真
  • 5

    フライパンに油(焼く用)を入れて熱し、粉類をまぶした鶏むね肉を両面焼く。

    工程写真
  • 6

    こんがり焼けたお肉を先ほどの玉ねぎとタレが入った容器に加え一緒に漬け込む。

    工程写真
  • 7

    仕上げにD 岩塩(仕上げ用)少々、ドライハーブ(仕上げ用)少々をかける。 すぐに食べてもOKですが、冷蔵庫で漬け込んでおくと味がよく浸みこみ美味しくなります。(冷蔵庫で2日保存可)

    工程写真
レシピID

415323

「鶏むね肉」の基礎

「玉ねぎ」の基礎

「酢」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

南蛮漬け」「マリネ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

金子美和(さとみわ)
Artist

金子美和(さとみわ)

2児の母。 「美味しく食べて健康に過ごす」をモットーに 毎日続けられる簡単で体に優しいお料理やスイーツ作りを考案しています。 きっかけは、食生活を変えたことで、自分をはじめ家族の体質が改善したこと。 自分と子供のアトピーや花粉症などのアレルギー症状が以前よりも軽くなり 風邪をひきやすかった子供や旦那さんも 今ではほとんど風邪をひかなくなりました。 高血圧な旦那さんのために、減塩でも美味しく食べれる料理を作り 私は歳を重ねるたびに感じるお肌の老化や疲労、ストレスなどを少しでも抑えたくて、 体の中から健康的になれるよう、毎日の食事に気を付けています。 ◎なるべく動物性のものを使わなくても美味しく作れるスイーツ。 ◎甘さを抑えて美味しく作れる米粉のスイーツ。 ◎塩分控えめでも「旨い!」と言ってもらえる毎日のおかず。 ◎砂糖を減らしても「これおいしい~」と子供が喜ぶメインのおかず。 ◎子供と一緒に作れる簡単おやつ。 毎日食べる食事。 続けることが一番大切です。 簡単に作れて、どこでも手に入る食材を使ったレシピを提案していこうと思っています。 私のレシピが皆様の健康に少しでも役に立てたら嬉しいです。 資格:上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・トータルフードコーディネーター・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・ダイエット検定1級・調理師免許・ホームパーティー検定3級

「料理家」という働き方 Artist History