レシピサイトNadia

    湯煎でしっとり♪ビリ辛よだれ鶏

    主菜

    湯煎でしっとり♪ビリ辛よだれ鶏

    お気に入り

    217

    • 投稿日2019/05/08

    • 更新日2019/05/08

    • 調理時間10(湯煎時間は除く)

    粉山椒と豆板醤でビリビリ辛いしあがりです。

    材料4人分

    • 鶏むね肉
      1枚(300g)
    • 塩こうじ
      まぶす程度
    • 長ねぎ
      1/2本
    • しょうがスライス
      1mm2枚
    • にんにくおろし
      小さじ1/3
    • A
      50ml
    • A
      鶏ガラスープ(顆粒)
      小さじ1/2
    • A
      豆板醤・醤油・ごま油
      各大さじ1
    • A
      砂糖
      小さじ1/2
    • B
      大さじ1
    • C
      こしょう・粉山椒(あれば)
      少々

    作り方

    ポイント

    鶏むね肉の厚みを半分にすることで短時間でしあがりますが、湯煎から出して完全に火が通っているか確認してください。生の場合は再度湯煎にかけます。

    • ・鶏むね肉は皮を除き半分の厚さに切り、密閉袋(耐熱性)に入れ、塩こうじをまぶし揉み込み10分常温におく。 ・長ねぎ、しょうがスライスは細かく刻む。

      工程写真
    • 1

      大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら火を止め、ぶくぶくがおさまったら、下準備した鶏むね肉を入れ、フタをして25分程度そのままおく。

      工程写真
    • 2

      鍋にA 水50ml、鶏ガラスープ(顆粒)小さじ1/2、豆板醤・醤油・ごま油各大さじ1、砂糖小さじ1/2を合わせて火にかけ沸騰したら火を止め、長ねぎ、しょうが、にんにくおろしを加えて、あら熱が取れたらB 酢大さじ1を加え、C こしょう・粉山椒(あれば)少々をふる。

      工程写真
    • 3

      1のあら熱が取れたら、食べやすい大きさにさき、2を適量かけて完成。

      工程写真
    レシピID

    375454

    「鶏むね肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「よだれ鶏」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    簡単料理研究家*服部みどり
    Artist

    簡単料理研究家*服部みどり

    【家庭料理には人を幸せにする底力がある】 材料は少なめ・シンプルな調理で身体にやさしい家庭料理レシピをご紹介します。 皆さま食卓に笑顔が増えますように!!どうぞよろしくお願いします。 【略歴】 カフェや居酒屋チェーン店立ち上げ業務(マネジメント・メニュー開発経験あり)など飲食業界に携わったのち、野菜を扱う食品メーカーで料理レシピ企画を担当。現在は書籍のレシピ制作・飲食店メニュー開発のほか、雑誌・テレビ・新聞・WEBなどメディア各種で食品や調理家電などの検証を行う料理家として活動中。 【メディア出演関連】 NHKひるまえほっと かんたんごはん テレビ東京 よじごじDAYS 読売新聞レシピ ラジオ(TOKYO FM / ラジオ埼玉) LDK MONOQLO 家電批評 サンキュ! など 【飲食店メニュー企画】 ・観光地カフェ立ち上げ(東京都小笠原村) ・天然素材のかき氷レシピ開発(東京都神保町) ・糀を使ったドレッシング開発(千葉県津田沼) テイクアウト専門店メニュー・居酒屋チェーン店・カフェなど 【料理本レシピ企画】 ・スピード完成!野菜の大量消費おかず ・時間がない人のためのやせる超速つくりおき ・時間がない人のための超速つくりおき ・作りおきレンチンおかず ・うちのから揚げがうまい そのほか月刊誌のレシピ企画など 【得意なジャンル:家庭料理編】 ・あまり手をかけない シンプル調理 ・基本調味料で作る家庭料理 ・体調不良のときに胃腸にやさしいいたわり料理 ・蒸し料理 ・初心者おやつ ・お味噌汁(一汁一菜) 【得意なジャンル:商業編】 原価・オペレーションを考慮したメニュー開発 ・居酒屋・カフェ・観光地・テイクアウトおかずなど 【好きな地域】 ・ハワイやタイなど南国系の観光地 ・離島(伊豆七島)や沖縄 ・東京・茨城・千葉 ★★★ NEW ★★★ ナチュラルフードコーディネーター資格取得 卵・乳製品などを使わないヴィーガン プラントベース料理のレシピ制作も可能です

    「料理家」という働き方 Artist History